人間学用語集 格物致知

四書五経のうちの一つ『大学』の中にある言葉。書き下しは「知を致すは物を格すにあり」。人間本来の知恵、生きる力は、実際に物事にぶつかり体験することによって初めて得られると解釈されている。読みは「かくぶつちち」