人間学用語集 成形の功徳

森信三師の教えの一つ。物事を形にすることによって初めて現れる効果のこと。同じ物事であっても、形にすると形にしないでは大きな差が生じる。読みは「せいけいのくどく」

閉じる