最大8時間待ちの行列!日本一の秘訣は「人」にあり【おにぎり専門店「ぼんご」店主・右近由美子】

東京・大塚に店を構えるおにぎり専門店「ぼんご」。創業60年を超える老舗ながらSNSを中心に幅広く取り上げられ、いまでは最長8時間待ちの日本一の人気店に成長しました。2代目店主であり、今日の発展の礎を築いた右近由美子さんに、日本一の秘訣を伺いました。

◎各界一流の方々の珠玉の体験談を多数掲載、定期購読者数NO.1(約11万8000人)の総合月刊誌『致知』。あなたの人間力を高める、学び続ける習慣をお届けします。

たった3分で手続き完了、1年12冊の『致知』ご購読・詳細はこちら
購読動機は「③HP・WEB chichiを見て」を選択ください

「ものを売るんじゃない。お客様に心を配るんだよ」

──日本一賑わうおにぎり専門店があると伺い、やってまいりました。本日も平日にも拘らず、開店前から長蛇の列ができていますね。

〈右近〉
東京の大塚に暖簾を掲げるおにぎり専門店「ぼんご」は1960年に創業した、カウンター12席のみの小さな老舗です。

近年はテレビ番組やSNSを筆頭に数多くのメディアが取り上げてくださり、3、4時間の行列は当たり前。休日は8時間お待ちいただくこともしばしば。ありがたいことに、地方や海外からもわざわざ足を運んでくださいます。

──多くの人を惹きつけるぼんごの魅力を教えていただけますか。

〈右近〉
大きな特徴は、「握らないおにぎり」でしょうね。おにぎりは握るからおにぎりなんですが、ついつい力を入れすぎる余り、固い食感になってしまいがちです。

一方、ぼんごでは寿司職人が親指でくぼみをつくってシャリに空気を入れるように、真ん中に穴を開けて空気を含ませてあげる。あとは数回ふんわり握ることで、口に入れた瞬間、お米がやさしく溶ける食感が実現するんです。

それから、新潟・岩船産のコシヒカリ、九州・有明海産の海苔、沖縄産の塩など素材にはとことんこだわっています。具材も豊富で、鮭をはじめとした定番から、ペペロンチーノ等のアレンジされたものまで全57種類に及びます。

でもね、老若男女問わず並んでくださる一番の理由は、商品のおいしさではないと思っています。私たちはおにぎりを通して、人と人との繋がりを届けているんです。

──ああ、人と人との繋がり。

〈右近〉
ぼんごでは、見ず知らずのお客様同士が自分の地元や家族の話で盛り上がり、仲睦まじく食事するケースが見受けられます。例えば、あるお客様が味噌汁を飲むや否や「祖母の味を思い出す」と呟くと、別のお客様が「ほんとだ!」って和気藹々と会話が始まる。そうした人の温もりや昔ながらの哀愁漂う空気感こそが、当店の魅力なのではないでしょうか。

最終的には〝お袋の味〟という掛け替えのない存在には敵いません。だから、従業員にはよく言うんです。「ものを売るんじゃない。お客様に心を配るんだよ」って。並んで待つ方々にお水を配ることもその一つです。

商いは人あってのものですから、最高のおにぎりを握るだけでは駄目なんですよ。


(本記事は月刊『致知』2024年6月号 連載「第一線で活躍する女性」より一部抜粋・編集したものです)

ご主人から受け継いだ「ぼんご」を日本一の名店に育て上げた右近さん。しかし、日本一に至るまでには、辛く苦しい修業時代、ご主人が突如病に倒れ、四六時中働き続けた日々をはじめ、幾多の困難がありました。艱難辛苦を乗り越えてきた右近さんの実践には、仕事・人生の要諦が凝縮されています。全文は本誌をご覧ください!【詳細・購読は下記バナーをクリック↓】

 

◇ 右近由美子(うこん・ゆみこ)
昭和27年新潟県生まれ。19歳の時に上京。51年おにぎり専門店「ぼんご」初代店主の右近祐と結婚。平成14年より現職。著書に『「ぼんご」のおにぎり おいしさのヒミツ』(朝日出版社)がある。

◎各界一流の方々の珠玉の体験談を多数掲載、定期購読者数NO.1(約11万8000人)の総合月刊誌『致知』。あなたの人間力を高める、学び続ける習慣をお届けします。

たった3分で手続き完了、1年12冊の『致知』ご購読・詳細はこちら
購読動機は「③HP・WEB chichiを見て」を選択ください

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる