箱根駅伝、奇跡の逆転優勝。駒澤大学・大八木弘明監督に学ぶ「見えない力」の呼び寄せ方

『致知』2021年5月号の特集テーマは「命いっぱいに生きる」。発刊から約2週間で、「夢中で読んだ」「心が震えた」「涙が止まらなかった」など、本当にありがたいご感想が弊社に続々届いております。その中で、表紙を飾っていただいた大八木弘明監督の歩みへの賞賛が少なくありません。今回のインタビューのため、監督と実際にお会いしてお話を伺った担当編集者が、肌で感じたそのすごさを語ります。

★あなたの人生・仕事の悩みに効く〈人間学〉の記事を毎朝7時30分にお届け! いまなら登録特典として“人間力を高める3つの秘伝”もプレゼント!「人間力メルマガ」のご登録はこちら

「目に見えない」意識の積み重ね

―――この取材をする中で印象に残ったことはありますか。

〈編集者〉
それは紛れもなく……全部です(笑)。中でも今年の箱根駅伝にまつわるエピソードで、特に心に響いたことを2つご紹介します。

駒大は最終10区で3分19秒差を覆し、13年ぶり7度目の優勝を果たしました。3分差以上の逆転劇は実に89年ぶりの快挙で、常識的には考えられない、不可能に近いことだといいます。

まさに奇跡であり、それを見事やってのけた大八木監督や選手たちの姿勢から〝どんなに苦しい状況でも最後まで諦めない心を持つことがいかに大切か〟を学ばせていただきました。

もう1つは、今大会はコロナ禍ということで、胴上げや円陣が禁止されていたため、終了後、大学に戻ってから寮の外で優勝の胴上げを行ったそうです。その時、周りから苦情が来ることは一切なく、むしろ次々に近所の方が集まってきて、歓声が沸き、一緒に喜んでくれたとのこと。

それはなぜかというと、大八木監督が駒大に赴任して間もない頃から、月に一度の地域清掃を26年間ずっと続けてきたからではないかと述懐されていました。

「人のため、地域のために少しでも役に立つことをやっていれば、巡り巡って自分たちに返ってくる」

選手たちに日頃よく伝えてきたこの言葉をつくづく実感されたと聴き、〝目に見えない意識の積み重ねが目に見える結果をつくる力になる〟のだと学ばせていただきました。

―――この記事を通して、読者の方に伝えたいことは何ですか。

〈編集者〉
いま申し上げた2つのことに加えて、皆さんに伝えたいのは、やはり大八木監督ご自身が『致知』の愛読者でいらっしゃることですね。

本誌25ページ3段目に記載されている通り、大八木監督はこう語られています。

「『致知』と出逢って10年ほどになりますけど、飛行機に乗った時とか移動時間や仕事の合間に読ませてもらって、いつも赤線を引っ張りながら『ああ、俺はここが足りなかったな』と反省させられる部分が多くあるんです。私にとっては一番読みやすいというか為になる本です」

駒大陸上部を幾度も日本一に導いた監督が『致知』を心の糧にしてくださっている。創り手としてこんなに嬉しいことはありません。また、一読者としても、『致知』にご登場される各界一流プロに学び、実践し続けていけば、日本一を実現することができるのだと、自信と勇気をいただきます。

ビジネスにもそのまま生かせる教えが満載ですので、ぜひこの記事から仕事・人生のヒントを掴んでいただければと思います。


大八木弘明監督、ありがとうございました。
『致知』2021年5月号では合計8ページにわたり、箱根駅伝優勝の舞台裏はもちろん、指導者としての根を養ってくれた体験、そして「勝つ」チームのつくり方までを贅沢に語り尽くしてくださっています。
内容の試し読みはこちら


(本記事は「社内木鶏メール通信」2021年4月5日配信分より一部を抜粋・編集したものです)


王貞治氏、稲盛和夫氏、松岡修造氏など、各界トップリーダーもご愛読! あなたの人生、仕事、経営を発展に導く珠玉の教えや体験談が満載、月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる