子供の学力と人間力を高める学習法 隂山英男×齋藤孝

明治大学教授の齋藤孝さんと、音読などを取り入れた陰山メソッドで知られる陰山英男さん。長年、日本の教育問題に向き合ってきた教育のプロであるお2人に、子供たちの学力、そして生きる力を養う学習法のヒントを語り合っていただきました。

◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」こちら

名文が子供たちの力を伸ばす

〈陰山〉
いまの齋藤先生のお話には全く同じ思いです。僕も現場の教師としていまの教育のあり方に疑問を持ち、割に早い段階から小学校の授業で音読などを取り入れてきました。

意外だったのは、僕たちが高校で習った一見難しいイメージの古典を子供たちが自然に受け入れていったことですね。私はこのことに気づいて以来、音読を定式化し、独自で活動するようになった現在も、陰山メソッドを導入した全国の学校で子供たちに短時間に集中して名文を読ませているわけです。教育に音読を取り入れた結果、子供たちの学力が爆発的に伸びた。このことははっきり言えると思います。

ところが、ある時、陰山式を取り入れているある学校から「成績が急降下した。陰山式を続けているんですけど、どこが悪いのでしょうか」と相談を受けたんです。実際に足を運んで教室に入った瞬間、「もうこれは駄目だと」とすぐに分かりました。

なぜかというと、古典などの名文を授業で使っていないんです。分かりやすくて楽しい現代詩人の作品ばかりを題材にしている。それは悪いことではないのですが、決して力になる文章ではないんですね。

〈齋藤〉
おっしゃるように、子供のうちから力のある文章を読ませる基礎トレーニングはとても大事だと思います。文章の力強さが学力や逞しいメンタルを育てる上で大きな働きをすることは間違いないでしょう。

〈陰山〉
学力を伸ばしている学校は、小学1年生から『枕草子』などを普通に読ませていますし、『論語』の音読で成果を挙げている幼稚園もあります。「子曰く……」という独特のリズムが気に入るみたいで、短期間で覚えてしまう子も多いですね。

そのように考えると、「高校生が学ぶような難しい文章を、なぜ小学1年生に与えるのか」と否定的に発想するのではなく、「こういう文章を与えたほうが子供たちにとって力になり、馴染みやすい」と考えたほうが、より実態に即していると思います。

〈齋藤〉
小学生には『論語』の「己の欲せざる所、人に施す勿れ」という章句が人気が高いと聞いたこともありますが、古典はそれだけ心の琴線に触れる力があるからこそ、今日まで残ってきたと思うんです。学習には、そういう「文化遺産を継承する」というような絶対的な意味合いが必要なのではないでしょうか。

理科の教科書にニュートンの法則が出てきますが、これは絶対的ですよね。国語でいえば『万葉集』であり『百人一首』です。こういう取り替え不能な題材でラインナップを組むことが教科書の質であり核となります。

その意味では、いまの国語の教科書の題材は取り替えがきくものばかり、という印象は拭えませんね。それを教える教師も文化遺産を継承する使命感がないまま教壇に立つなどありえないと私は思っています。

その文化遺産としての大切な日本語を受け継いで、まずはそれを「読む」技を身につける。「話す」「聞く」はその土台の上にあります。「読む」ことを抜きにして「話す」「聞く」に舵を切ってしまったら、国語の教育は終わってしまうとすら危惧しますね。

〈陰山〉
「話す、聞くにシフトしたら国語の教育は滅ぶ」という齋藤先生のいまの発言、まさに名言だと思います。教育現場の人の多くはいま、その真逆を考えているんです。そういう点で言うと、皆が学力低下の方向に向かって進んでいるのではないかと心配しています。

だからといって、これを文科省の責任ばかりにはできない。文科省はむしろ「基礎基本はきちんとやりましょう」と言っているわけで、現場のほうがどこか偏る傾向があるんです。教師が教育の全体像を思い描くのではなく、その時々の手法にばかり走ってしまっている現実は否めません。


(本記事は月刊『致知』2019年6月号 特集「看脚下(かんきゃっか)」から一部を抜粋したものです)

陰山英男(かげやま・ひでお)
昭和33年兵庫県生まれ。55年岡山大学法学部卒業。城崎郡内の小学校を経て平成元年より兵庫県朝来町立山口小学校教諭。公募により15年広島県尾道市立土堂小学校の校長に就任。18年京都市の立命館小学校副校長就任。現在は陰山ラボ代表。教育クリエイターとして全国各地で学力向上アドバイザーを務める。著書に『陰山メソッド徹底反復「音読プリント」』(小学館)『陰山英男の読書が好きになる名作』(講談社)など多数。

齋藤孝(さいとう・たかし)
昭和35年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学教育学研究科博士課程を経て、現在明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション技法。著書に『子どもと声に出して読みたい「実語教」』『親子で読もう「実語教」』『子どもと声に出して読みたい「童子教」』『楽しみながら1分で脳を鍛える速音読』など多数。最新刊に『齋藤孝のこくご教科書 小学一年生』(いずれも致知出版社)。 


王貞治氏、稲盛和夫氏、井村雅代氏、鍵山秀三郎氏、松岡修造氏など、各界トップリーダーもご愛読! あなたの人生、仕事、経営を発展に導く珠玉の教えや体験談が満載、月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる