稲盛和夫が説く、人が生きる意義

京セラやKDDIを創業し、それぞれ1・5兆円、4・9兆円を超える大企業に育て上げ、倒産したJALの会長に就任すると、僅か2年8か月で再上場へと導いた稀代の名経営者・稲盛和夫さん。その稲盛さんが「人は何のために生きるのか」をテーマに致知出版社主催の会で行った特別講話の一部を特別配信いたします。

世のため人のために尽くして生きる

(稲盛)

この我々の自然界には、微生物から動植物まで、たくさんの生物が存在しています。そして、それらはすべて循環をしております。

例えば、地中にはいろいろなバクテリアや細菌がいて植物の根の成長を助け、それによって地上に草が繁茂します。すると、そこに草を蝕む昆虫類がたくさん群がってきます。これらの昆虫は、昆虫同士で食べたり食べられたりして生存をしています。

また、草食動物も草を食べます。そして今度は、その草食動物を肉食動物が食べて命を永らえていきます。肉食動物は老いて朽ち果てると、また土へ帰っていき、それが土壌を豊かにし、そこにまた新しい草花や木が生えるようになります。

このように自然界は循環をしているのですが、それは同時に、命の連鎖が続いていることを意味しています。自然界のあらゆるものは生命の鎖でつながっているのです。草は昆虫に蝕まれて昆虫を育て、また草は草食動物に食べられて草食動物を繁栄させます。草食動物は肉食動物に食べられて、肉食動物の繁栄を支えている。その肉食動物も、やがて死を迎えるとバクテリアによって分解され、植物の栄養となるのです。

自然界はそういう命の連鎖でつながって維持されています。つまり、これらの一般の生物たちは、自分が生きるだけではなくて、自分の命を差し替えて他の命を助けているのです。そのような循環が、この地球上では延々と行われてきております。

我々人間は大変素晴らしい知恵を神から授かっています。素晴らしい頭脳を駆使して近代科学を発展させ、素晴らしい文明社会をつくってまいりました。知恵によってあらゆる生物の頂点に位し、地球上にあるあらゆる生物を食べて生き永らえ、繁栄を図ってきました。

見方を変えますと、一般の動植物は自分の命を差し出して他の生き物を助けてあげていますが、我々人間は、植物でも動物でもすべてのものを殺して生き永らえて繁栄を続けているのです。そうやって生物の頂点に位し、それぞれの人生を生きているのが我々人類の姿であります。

そう考えると、私にはこういう思いが湧いてくるのです。

人間は素晴らしい知恵を持つと同時に、素晴らしい理性とか良心というものを持っているではないか。ならば、すべての命を収奪して生きるだけではなく、理性とか良心の領域を使って、他のものたちに対して何か施しをすることも考える必要があるのではないだろうか。

せっかくこの世に生を受けたのですから、命のある限り自分だけが生きるというのではなくて、我々人間も世のため人のために少しでも尽くして生きるべきではないのか。わずかでもいいから、世のため人のために尽くす生き方が人間として大変大事なのではないか。そこに、この人生を生きていく意義があるのではないかと思うのです。

つまり、私たちは何のために生きるのかといえば、その第一の目的は、世のため人のためにささやかでもいいから尽くすことであると私は思っているのです。

利他の心の原点に感謝がある

(稲盛) 

皆さんの中で仏教を信じていらっしゃる方は多いと思います。お釈迦様は、生きていく人間にとって一番大事なことは利他の心であると説きました。お釈迦様の心の神髄とは、慈悲の心です。思いやりを持った慈しみの心、それがお釈迦様の心の神髄であります。 

この心は、他のものを少しでも助けてあげよう、よくしてあげようと思う心です。そうした心を持って生きていくことこそが人生の目的なのではないか。つまり、利他の行為を行うことが、人間にとって、まず一番に大事なことだと思うのです。 

この利他の心の対極にあるのは、利己の心です。自分だけよければいい、という心です。このような利己の心を離れて、利他の心で人様をよくしてあげようという心で人生を生きていく。それが生きる目的だと私は思っているのですが、実は、これは口で言うほど簡単ではありません。 

利他の心を持って人様に美しい思いやりの心で接しようという考えで人生を生きていこうと思えば、まず、現在生きていることに感謝をするという心が起こってこなければいけません。次に、そのような感謝の心が芽生えてきますと、自然と自分自身がどんな環境にあっても幸せだと思える心になっていくはずです。 

「いや、私は決して幸せではありません。大変不幸な人生を生きています」とおっしゃる方もおられるかもしれませんが、この世の中を見渡せば、そういう方よりももっと不幸な境遇の人もたくさんおられるはずです。そう考えれば、親兄弟が一緒にいられるだけでも幸せではないかという感謝の念が湧いてくるはずです。

つまり、どんな境遇であれ、心のあり方によって幸せはそれぞれに感じられるものなのです。そう感じるようになるためにも、まず最初に、現在こうして生きているだけでも幸せだという感謝の念が起こってくることが大事なのです。 

そのようにして自分が幸せだと思えるようになってきますと、その次には当然、他の人にも親切にしてあげたいという思いやりの心が生まれてくると思います。またそういう心が起こってこなければいけないのです。 

したがって、利他の心を持つためには、まず自分が生きていることへの感謝の心を持たなくてはならないというわけなのです。 

(本記事は月刊『致知』2006年6月号「開物成務」から一部抜粋・編集したものです。あなたの人生、経営・仕事の糧になる教え、ヒントが見つかる月刊『致知』の詳細・購読はこちら

稲盛和夫さんも月刊『致知』を愛読しています

月刊『致知』創刊40周年、おめでとうございます。日本人の精神的拠り所として、長きにわたり多大な役割を果たしてこられたことに、心から敬意を表します。

『致知』は、創刊以来、人間の善き心、美しき心をテーマとする編集方針を貫いてこられました。近年、その真摯な姿勢に共鳴する読者が次第に増えてきたとお聞きしています。それは、私が取り組んでまいりました日本航空の再生にも似て、まさに心の面からの社会改革といえようかと思います。

今後もぜひ良書の刊行を通じ、人々の良心に火を灯し、社会の健全な発展に資するという、出版界の王道を歩み続けていただきますよう祈念申し上げます。

――京セラ名誉会長・日本航空名誉顧問 稲盛和夫

 

稲盛和夫(いなもり・かずお)

━━━━━━━━━━━━━━━━

昭和7年鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。34年京都セラミック(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、平成9年より名誉会長。昭和59年には第二電電(現・KDDI)を設立、会長に就任、平成13年より最高顧問。22年には日本航空会長に就任し、27年より名誉顧問。昭和59年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。また、若手経営者のための経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。著書に『人生と経営』『「成功」と「失敗」の法則』『成功の要諦』(いずれも致知出版社)など。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に 1年購読 10,300円(1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 27,800円(1冊あたり772円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは