逆境は神様からの宿題

仕事論


▲ あなたの人間力を高める ▲
───────────────
致知出版社の「人間力メルマガ」 2016.10.17


世界の各界の大御所から愛される
シェフの松久信幸さんですが、
アラスカに店を構えていた頃、
人生を変える大きな出来事に直面します。

今回はその時のお話を紹介します。


────────[今日の注目の人]───

☆ 我が闘魂の人生 ☆

松久 信幸(NOBU & MATSHISAオーナーシェフ)

※『致知』2016年11月号【最新号】
※特集「闘魂」P10

───────────────────

半年間、お店の工事や準備に奔走し、
いざオープンすると
連日満席の盛況ぶり。

経営も軌道に乗り、
開店五十日目に初めての
休業日を迎えました。

その時、パートナーから
突然電話が掛かってきたんです。

お店が火事になっていると。

僕は最初、冗談だと思ったんですが、
実際行ってみると
ものすごい勢いでお店が燃えている。



_DSC4987_2



次の瞬間、頭の中が真っ白になって
後のことは記憶にありません。
 
もう自分の生きる道はない。

これで何もかもお終いだ。

どうやって死のうか……。


そんなことばかり考え、
食べ物は一切喉を通らず、
水を飲んだだけで
吐いてしまうような状態でした。


 (中略)


あの時、もし一人だったら、
僕はいまこの世の中に
いないかもしれませんけど、
それを乗り越えることができたのは、
やっぱり家族の支えがあったからですね。


女房は「頑張ろう」「頑張ろう」と
僕を励まし続けてくれました。
二人の子供たちは何も知らずに
無邪気に笑っている。


それで、もう一回
スタート地点に立ったつもりで、
一歩一歩前に進んでいこうと
思えたんです。


生活資金すらない私たちのために……



※松久さんはこの大きな試練から
 どのように立ち上がり、
 いまの成功を手にされたのでしょうか。
 「逆境は神様からの宿題」と語られる
 松久さんのお話は
 ぜひ最新号でお読みください。