言葉が運命をつくる



最新号(3月号)のテーマは「願いに生きる」

今月号にも、熱のこもった素晴らしい
言葉が誌面にちりばめらています

ぜひ、あなただけの名言を見つけてください



****************************************





?

・一度やり始めたら途中でやめない。

 人が何と言おうと続ける。

 そういう姿勢でやっていると、

 一見何もないところから

 宝の山が見つかる


片岡 一則(東京大学大学院教授)


 ────────



・人間というものは、

 何か人のために尽くすことによって、

 大いなる力を得ていく


横田 南嶺(鎌倉円覚寺館長)


 ────────



・人間というものは生涯にせめて一度、

 「鬼の口」に飛び込む思いを

 しなければならない。

 そういう機会を持たずに

 人生を終えるのは、

 恥ずかしことだ


土光 登美(土光敏夫の母)


 ────────


?

・こうなろうという願いを

 心に抱いて最善を

 尽くしていると、

 いつか必ずそれは実現する


福地 茂雄(アサヒビール社友)


 ────────


?

・失敗してもいいから、

 自分に嘘をつくことなく、

 これだと信じたことを

 一所懸命やり抜く。

 その先に人間としての成長がある

?

大橋 洋治(ANAホールディングス相談役)


 ────────



・どの分野においても言えることで、

 いくら才能があって、

 努力を積み重ねていても、

 人間的な魅力というのがないと

 一流にはなれません


村上 和雄(筑波大学名誉教授)


 ────────

?

?

・普段の過ごし方や心の持ち方、

 考え方など常に前向きにして

 生きていると、そのご褒美を

 もらえる時がある


杉山 愛(元プロテニスプレーヤー)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『致知』3月号のテーマは
「願いに生きる」


 

 

 





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~~~
注目の記事~~~


「信念を抱いて願うことは必ず実現する」



渡邊直人(王将フードサービス社長)
福地茂雄(アサヒビール社友)







2年前、不慮の事件に見舞われ突如
経営トップを失った王将フードサービス。
しかし、その後も同社の経営は揺らぐことなく、
次々と打ち出される改革により一層の躍進を遂げている。
急遽バトンを引き継いだ渡邊直人氏は、
どのような思いで経営に臨んできたのだろうか。
渡邊氏の取り組みと、
そこに込められた願いについて、
同社と関係の深い福地茂雄氏に聞いていただいた。


 


 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 『致知』のお申し込みはこちらから
     ↓   ↓

致知出版社編集部ブログ







”『致知』を1年間、お届けします