自分を変えたい


↑ あなたの人間力を高める ↑
───────────────
致知出版社の「人間力メルマガ」 2016.12.13


海上自衛隊初となる護衛艦の
艦長に就任した大谷三穂さん。

国を護りたい、という志を
抱いた原点とは。

────────[今日の注目の人]───

☆ 自分を変えたい ☆

大谷 三穂(海上自衛隊護衛艦やまぎり艦長)

※『致知』2017年1月号【最新号】
※特集「青雲の志」P44

───────────────────

もともと私は考古学者を目指して
京都の一般大学に通っていました。

それで一人暮らしをしている時に、
たまたまテレビで湾岸戦争の
映像を見たんですね。

自分は大学生として自由を謳歌して、
しかも両親の援助で
一人暮らしをさせてもらっている。

そういうぬるま湯の
生活をしている一方で、
テレビの向こうでは
戦争が行われている
というのがショッキングで……。

自分はいまの生活を続けていいのかな、
何か国のために役に立てないかなと、
自分の人生を変えたくなったんですよ。


ちょうどその時、自衛隊の
幹部候補生を育成する防衛大学校が
女性に門戸を開くという新聞広告を
目にしまして、あっ、これだと。


それで大学を2年の時に中退して、
防衛大学校を受験し、
無事合格することができまして、
1993年に「女性第一期生」として
防衛大学校に入校しました。


──ちなみに、女性第一期生は
  何人くらい入校されたのですか。


39名です。でも、卒業時には10名ほどが
辞めていたように記憶しています。

生活に慣れない、別の仕事に就きたい、
他に勉強したいことができたなど、
辞めていく理由は様々でしたね。


──実際に防衛大学校に
  入ってみてからは、
  いかがでしたか。


正直、初めての女性なので、
少しは甘くしてくれるのでは
ないかという考えはありました。

しかし、実際に入ると……




※道なき道を切り拓いてきた
 大谷さんの自衛隊員としての
 歩みは本誌でどうぞ。