脳血管内治療の エキスパート・坂井信幸さん

仕事論


これまで7,000名以上の患者さんを
救ってこられた脳血管内治療の
エキスパート・坂井信幸さん。

プロフェッショナルだからこそ
お話しいただける話が満載です。

───────「今日の注目の人」───

坂井 信幸(脳神経外科医)

※『致知』2017年8月号【最新号】
※特集「維新する」P52

───────────────────

特に脳動脈瘤の場合、
一歩間違えたら治療で死に
至ることがありますので、
最悪のケースがあることを
必ずお伝えします。

患者さんたちは無事治る
という最高のストーリーを
思い浮かべてこの病院に
来られるわけですけど、
そのギャップをちゃんと理解して
もらうようにはしていますね。


坂井さん

──あとは結果で勝負される。


ええ。もう本当に結果がすべてで、
当然いつも百点を目指すわけです。

しかし、99点ならまだいいのですが、
反対に101点になると
零点と一緒なんですよ。


──どういうことでしょうか。


完全を目指してほんの
少しでもやり過ぎてしまうと、
それが失敗に繋がることがある。

そのことを痛感したのは、
脳動静脈奇形という、少しでも
出血したら命にかかわる病気の
患者さんを手術した時のことでした。

僕がまだ30代の頃で、
当時はカテーテルが太い血管にしか
通せない時代でした。

ほぼ満足いく詰まり具合だったのに、
完全を目指してもう一押ししたのです。

術後は患者さんの
意識はしっかりしてて、
会話や食事もできる。

脳外科医にしてみれば
十分合格点でした。

ところが、手に痺れが出て
動かしにくくなったことが原因で、
退院後に自ら命を絶たれたんです。


──亡くなられたのですか。


まさかの結末でしたが……




※与えられた条件で常にベストを
 尽くしてこられた坂井さんの
 歩みの続きは本誌で!