渡部昇一先生からのメッセージ

生き方


碩学・渡部昇一先生が説かれた
「運を引き寄せる生き方」とは。

渡部先生の最後のメッセージとなった
本連載記事には学びが人生の
糧となる学びが沢山詰まってします。

───────「今日の注目の人」───

渡部 昇一(上智大学名誉教授)
   
※『致知』2017年6月号
※連載「二十代をどう生きるか」P100

───────────────────

私の二十代は光と影が鮮やかである。

前半は、貧しくてお金がない中で
いかに勉強に打ち込むか、
大学を卒業するか、
そのことに工夫を凝らしていた。

後半は、不遇の時期を経て、
ドイツ留学という誠に
思いがけない奇跡的な幸運に恵まれ、
自分は何と運のいい男で
あるかを感謝するばかりだった。


mini_Watanabe_Shouichi


我われは普段、因果律で生きている。

因果律とは、原因と結果のこと。


ご飯を食べればお腹がいっぱいになる、
勉強をすれば成績がよくなる、
といった具合に、すべての出来事には
原因と結果が存在している。

齢86となり、人生の晩年に
差し掛かったいま、私自身の
人生の歩みを振り返って考えると、
単に原因と結果の関係だけではなく、
それ以外に運という目に
見えない力がどこかで
働いているのではないかとつくづく思う。


運は自分の努力で
どうすることもできない。


しかし、幸運に巡り合う
可能性を高めることはできるはずだ。

私自身の若い頃の体験談から、
そのヒントを得ていただければ幸いである。



※この続きは本誌でじっくりと
 味わっていただければ幸いです。



───────────────────
渡部昇一先生の『致知』推薦の言葉
───────────────────

老人になると日本の行く末を
いろいろ心配したくなるが、
その中にあって『致知』の読者が
増えてきていることは大きな希望である。

部数がもう3倍になれば
日本の代表的国民雑誌と言ってよい。

創刊35周年の後は、
創刊50周年を祝うことになるわけだが、
その時には代表的国民大雑誌に
なっていることを期待します。