我が子の言葉を引き出してあげたい


▲ あなたの人間力を高める ▲
───────────────
致知出版社の「人間力メルマガ」 2016.10.27


生後僅か一か月で
最重度の脳障碍児となった
溝呂木梨穂さん。

そんな彼女の中に、
なんとも豊かな言葉の
世界が広がっていました。

────────[今日の注目の人]───

☆ 私の生きる意味 ☆

溝呂木 眞理(チャレンジドハート代表)

※『致知』2016年11月号
※特集「闘魂」P30

───────────────────

みぞろぎりほ──。

言いたい気持ちがあります。
びっくりして夢のようです。
長い間、待ち望んでいました。

私に言葉があると、
なぜわかったのですか?

ご覧の通り、何もできない私ですが、
ぼんやりと生きてきたわけではありません。

ずっと、私は人間とは
何なのかということを、
考えてきましたから、
別に世の中の人が何と言おうと、
私は私らしく生きてきました。



IMGP0458



忘れもしない平成24年5月20日。

この日、19歳5か月の長女・梨穂が
言葉を持っていることを
確認することができたのです。

生まれてすぐに脳に酸素が
届かないという原因不明の
トラブルに見舞われた梨穂。

それによって体の自由はおろか
言葉を話すことさえ
奪われてしまった梨穂は、
生後僅か一か月にして最重度の
脳障碍児となってしまったのです。

それでも私には、
梨穂の中にちゃんと
意思や思いがあることを
ひしひしと感じてきました。

梨穂にはきっと言葉がある。

だから何としてもその言葉を
引き出してあげたい──その一心でした。

それだけに長年抱いていた
思いが叶った瞬間……




※本誌では梨穂さんの魂の詩も
 紹介しています。
 どうぞご覧ください。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら