子供たちに算数を教える92歳 片桐重男さん

92歳もいまも子供たちに
算数の楽しさを教え続ける
東京都国分寺市在住の片桐重男さん。

長年の指導経験に培われた
指導論に耳を傾けてみてください。

───────「今日の注目の人」───

片桐 重男(新算数教育研究会名誉会長)

※『致知』2017年8月号【最新号】
※連載「生涯現役」P102

───────────────────

──子供たちに指導する上で
  心掛けておられることはありますか。


それはひと言で言えば、
人間愛に基づく指導ですね。


──人間愛に基づく指導。


僕が思うに、教育というのは
単に頭から教え込むのではなく、
子供がこういうことを
教わりたいなという状態に
もっていって初めて教えて
あげることが大切で、
そうしないと教わることの本当の
価値が分からなくなってしまう。

子供たちが自分の力で
この問題を解きたいとか、
自分で問題を見つけるような
経験をまず持たせることが大切で、
そうなると当然失敗することもある。

その時に失敗を責めるのではなく、
間違っていることに気づかせて、
「こうしたらどうだろうか」
と導いていく。

そうやって子供の考え方を
活かす方法で学習を
進めることが根本です。

それが人間愛なんです。

片桐おじいちゃん

──教え込むというのは、
  人間愛の対極にある
  というわけですね。


教え込むっていうのは、
要は過保護なのです。

子供が助けてほしいと
思わないうちに助けちゃう。

それが教え込みでしょう。

それともう一つ気を
つけなければいけないのが
無視ですね。

一つのクラスに子供が
たくさんいるので、
当然考え方もそれぞれ違ってくる。

そうなると、時にはある考えを
している子供に気づかないか、
もしくは気づいていても
授業の進行を優先して
その子供を無視する。

これはやむを得ない
場合もあるでしょうが、
この無視も人間愛じゃないんです。

もっとも…




※子供たちのみならず、
 先生方にも指導の在り方を
 伝え続ける片桐さんの活動については
 本誌でお楽しみください。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら