呼吸とは命そのもの

生き方



こんにちは


ブログ担当 野口です。


早速ですが、みなさんは普段


自分の呼吸」について意識したことがありますか??


現代人の多くは、体の緊張により呼吸が浅く、


体の不調や病気の原因となっているそうです。


そこで本日は

“体を育てなおす”をコンセプトに


渋谷鍼灸理学治療室を運営する


森田愛子さん「一分間呼吸法」を紹介します



―――――――――――――――――――


    「未来が変わる一分間呼吸法
                  
        森田愛子(渋谷鍼灸理学治療室室長)
           

            
『致知』2015年12月号

          連載「大自然と体心」より

―――――――――――――――――――



呼吸の質を改善するために
まず大事なことは、


いまの自分の呼吸が楽か否か、


安定しているか否かという基準を持つことです。


 


呼吸には「吸う」「止める」「吐く」三つしかありません。


 


この三つの呼吸に慣れ、強化して呼吸力を養うこと


 


そして、自分の呼吸癖に


気づくきっかけになるのが「一分呼吸」です。


 


 


【一分呼吸】

 

1. 20秒かけて鼻から吸う

 

2. 20秒止める

 

3. 20秒かけて口から吐く


 

呼吸の最中に、手に力が入らないよう注意してください。


手に力が入ると肩がロックされ、


息が出入りしづらい状態になります。


 


 


慣れないうちは、20秒息を続けることが


難しいかもしれません。


 


その場合は無理をせず、


最初は3秒くらいずつからでも構いません。


 


少しずつ時間を延ばして、最終的に20秒ずつ、


合計一分で一呼吸できるようになるとよいでしょう。


 


一分呼吸を行うと、自分の呼吸の癖が分かり、


質のよい呼吸が楽にできるようになります。


 


 


さらに全身が温かくなる、気持ちが落ち着く


といった様々な効果を得られるでしょう。


 



 ∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


この呼吸法は、
継続的に実践し普段の呼吸の質を


高めていくことが大切だそうです。


呼吸の大切さについては、


最新号のP132に紹介していますので、


ぜひご覧ください!!



*********************************


最新号のテーマは
  「人間という奇跡を生きる」

image

 

 【
最新号のラインナップ】


「極限の行に挑む」

 宮本祖豊
(比叡山十二年籠山行満行者 比叡山延暦寺円龍院住職) 
 &
 光永圓道
(比叡山千日回峰行満行者 比叡山延暦寺大乗院住職)

 ・  ・  ・  ・  ・

 1200年前、
 伝教大師最澄が天台宗を開いた
 比叡山延暦寺に代々伝承されてきた
 千日回峰行、十二年籠山行の
 2つの難行があります。

 命を落とす者もいるといわれる
 この極限の行を満行した
 宮本祖豊師と光永圓道師に、
 行を通じて見出した
 人間の奇跡的な力について
 語り合っていただきました。


「平熱37度が健康な体をつくる」

 吉村尚美(クリニック真健庵院長)

 ・  ・  ・  ・  ・

 平熱36度以下の低体温の人は
 がん、心筋梗塞、脳梗塞、
 糖尿病、高血圧などの疾病に
 罹りやすいといいます。

 これらの病気を最先端医療と
 正しい食習慣で治癒させる
 クリニック真健庵院長の
 吉村尚美さんにその実践と
 病気を治す心得を伺いました。


『致知』最新号の詳細は こちらから! 


iv>

*********************************

  矢印  定期購読のお申し込みはこちら 

  矢印  公式HPはこちら

*********************************