乗り越えられない試練は与えられない

生き方


シスターである鈴木秀子さんは
「神様は人間が乗り越えられない
 試練は与えられない」
と説かれます。

その言葉の深い意味を
味わってみてください。

───────「今日の注目の人」───

鈴木 秀子(文学博士)
   
※『致知』2017年6月号【最新号】
※連載「人生を照らす言葉」P108

───────────────────

神様は人間が乗り越えられない
試練は与えられない。
試練が与えられるところには、
それを乗り越える力が
必ず与えられている。

これは私自身の
信仰生活から得た確信です。
 
私がそう思うのは、
神様は愛そのもののお方である、
神様が人間を見捨てられることは
絶対にないという思いが
ベースとしてあるからです。
 
苦難に遭遇した時は、
そこから逃げるのではなく、

「これはいま自分が
 担わなくてはいけない現実だ」

としっかり受け止め、
ともに苦しんで、
無条件に自分を受け入れてくださる
神様を信じて目の前の
出来事に全力を尽くすことです。

そうすれば、
苦しみのどん底にいながら、
心の深いところから清水のように
力と勇気、希望が湧き出る瞬間を
味わうことができます。


苦難の中にありながら、
静謐な心の状態を
手に入れることができるのです。
 
ただ、誰もがすぐにそのような
考え方の切り替えが
できるわけではありません。

失意の時は神様を信じるどころか、
ともすれば自暴自棄になって
道を誤ってしまいがちです。
そこはやはりトレーニングが必要です。


登山家が厳しい特訓を重ねて
エベレストに登頂するように、
人生の試練を乗り切る上でも、
平素から心のトレーニングを
怠らずにやっておけば、
いざという時に冷静に
向き合うことができます。
 
信仰者たちは祈りや
奉仕活動によって心の
トレーニングを積み重ねていますが、
例えば……




※鈴木さんは、誰にでもできる
 心のトレーニング法を紹介されています。
 詳しくは最新号をお読みください。



───────────────────
全国の『致知』読者から届いた声
───────────────────

20年愛読しています。

80歳になりましたが、
こんなよい本はとても
やめることはできません。

  ───安在直宣さん/神奈川県