三宅親子の執念


≪夢は簡単に叶わないほうがいい?≫



▲▽あなたの人間力を高める▽▲
───────────────
致知出版社の《人間力メルマガ》 2017.6.13


父と娘の二人三脚で掴んだ
執念のメダル──。

最新号では、リオオリンピックで
見事銅メダルを獲得された
三宅宏美さんとそのお父さまの
対談が実現しました。

───────「今日の注目の人」───

三宅 義行(日本ウエイトリフティング協会会長)
   ×
三宅 宏美(重量挙げ女子日本代表)

※『致知』2017年7月号【最新号】
※特集「師と弟子」P54

───────────────────

──これまで逆境やスランプにも
  直面してきたと思いますが、
  それをどう乗り越えてこられましたか。


【宏実】
北京五輪ではたくさんの方に
メダルを期待して
いただいたんですけど、
自己管理が十分できていなかったり
人任せにしていたり、
いろんな敗因があって、
6位という悔しい結果に
終わってしまいました。

また、怪我に苦しんで
僅か一キロ記録を伸ばすのに
5年かかってしまう時期もありました。


【義行】
あれはきつかったな。


【宏実】
でも、そういうことが
あったからこそ頑張るしかない
と思えましたし、なぜ負けたのか、
自分の苦手なところ、短所を書き出し、
そこを徹底的に練習したんです。

宏美さん

諦めないでずっとやり続けた結果、
ある時ポンと上達する日が来て、
そこから波に乗って、ロンドンでの
銀メダルに繋がったわけです。

その時以上に辛かったのが
先ほどお話しした2012年からの4年間で、
この4年間は地獄だったなと思います。

腰痛や膝の故障により、
全日本選手権で表彰台を逃したり、
自己ベストに達しないという日々の中で、
引退を考えたこともありました。


──ああ、引退を考えられた。


【宏実】
そういう辛くて苦しいことは
たくさんあるんですけど、
その経験が毎回自分を
大きく成長させてくれるので、
全部必要なことなんだと思います。

何の苦労も挫折もなく、
簡単に夢を叶えてしまったら
重みがないですし、喜びや
達成感もないですよね。

振り返ると、怪我や失敗から
学んで精神力を強くさせてもらった。

それがあったから…



※二人三脚で歩んできた
 16年の道のりをお二人に
 たっぷりと語っていただきました。



───────────────────
『致知』には人生を潤す言葉がある
───────────────────

定期購読のお申込みはこちら!
⇒ http://online.chichi.co.jp/ext/teiki.html

・まずは気軽に1年購読から 
 10,300円(1冊あたり858円)

───────────────────
・配信停止はこちら
⇒ http://tinyurl.com/beuxmwu
───────────────────

致知出版社 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-24-9
電話 03-3796-2111 FAX 03-3796-2107

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら