ファッションデザイナー西田武生さんの二十代

日本の代表的ファッションデザイナーである西田武生さん。
『致知』の愛読者でもある西田さんが語る、
連載「二十代をどう生きるか」に注目です。



西田 武生(ファッションデザイナー)
─────────────────── 
※『致知』2018年3月号【最新号】
※連載「二十代をどう生きるか」P106

─────────────────── 

改めて二十代の自分を振り返った時、
常に私の心のうちにあったのは、「なる人になる」という思いでした。

言葉を変えれば、「憧れられる存在になりたい」ということです。

そうなったのは、常に憧れの人物を
心の中に宿していたからだと言えるでしょう。
例えば、マレーネ・ディートリッヒなどの人気女優は、
学生時代の私にとってまさに憧れの的でした。

また、戦前に伊東洋裁研究所をつくられた
伊東茂平先生の雑誌『私のきもの』には、
どれほど感動を得たことでしょう。



いつしか伊東先生への憧れは、先生に師事したいという
強い思いへと変わっていき、上京後にはその思いが現実のものとなりました。
こうした経験から、人間、思い込みが大事であるとつくづく思うのです。

人との出会いに恵まれたことも、私の大きな財産でした。
若い頃に多くの方とのご縁をいただく中で、
「二流ではなく、やはり一流になりたい」
という強い願望を抱くようになったのもそのおかげでした。

一流人は厳しいながらも立ち居振る舞いが実に見事で、
その人間性の高さに魅了されたのです。

─────────────────── 
◆人の生き方に学ぶ人間学誌『致知』◆
定期購読のお申し込みはこちら
https://www.chichi.co.jp/koudoku

1年間だけ購読する場合 ⇒ 10,300円(税&送料込み)
3年間続けて読む場合 ⇒ 27,800円(税&送料込み)

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら