イエローハット創業者が語る成功の条件Ⅰ

仕事論


*:;;;:**月中応援企画**:;;;;*

10月も早くも中盤に差し掛かりました
後半戦に向け、
エネルギーをつけていきたいところですね

そこで本日から3日間限定で、
最新号の表紙を飾ってくださった
イエローハット創業者鍵山秀三郎先生の講話録から、
心の底から活力が湧いてくる
エピソードを抜粋してご紹介します


誌面には掲載していない秘蔵写真も
今後紹介していく予定ですのでお楽しみに


本日は先生のご体験から掴まれた、
成功の条件について



■□─━─━─━─━──━─━─━─━─━─□■



山梨県の学童疎開先にて栄養失調になり、
視力を失うほど厳しい生活を強いられましたが、
私はそこでたくさんのことを学びました。

最も大きかったことは、
忍耐心が身についたことです。
私はその忍耐心だけを持って
二十歳で東京に出てきたのです。

私が就職した会社の労働環境は、
いまの時代からはとても考えられないくらいに過酷で、
私は入社当初から自分の能力を
遙かに超えるような理不尽なことを
次々と命じられました。
しかしいま振り返ると、
これがよかったのだと思います。


人間というものは、
楽な環境に身を置いている間は決して成長しません。
自分の能力を遙かに超えることを
求められる環境に身を置いた時に、
初めて人間は成長していくものなのです。


私は学歴も、知識も、技能も、才能もない人間です。
何もなかったから辛いことも我慢しました。
もし私に何某かの能力があったら、
あそこまで我慢できなかったと思いますが、
何もなかったがゆえに、
ここでやるしかないと覚悟を決め、
決断したのです。

成長のもう一つの条件は……



どんな状況にいても最善の努力をされてきた
  鍵山先生が、そんな過去を振り返り思う
  成功の条件とは……
  その答えは、最新号のp.58~をご覧ください!!




■□─━─━─━─━──━─━─━─━─━─□■


  最新号のテーマは
   「遠慮ー―遠きを慮る」
   

   ラインナップはこちら!

・対談
「子供たちに伝えたい日本の心」
 境野勝悟(東洋思想家)
 &
 白駒妃登美(ことほぎ代表)

 平成13年、境野勝悟さんの
 『日本のこころの教育』が弊社から
 発刊されました。
 
 同書によって日本人の美徳に
 目覚めた「博多の歴女」、
 白駒妃登美さんが境野さんとともに
 語った日本人の心とは?

・インタビュー
「老化防止の新たな可能性を開く」
 山岸昌一(久留米大学医学部教授)
 老化や様々な病気の原因となる
 AGE(終末糖化産物)。
 久留米大学教授の山岸昌一さんは
 気の遠くなるような実験を経て
 その除去方法を突き止めました!
 その取り組みについて話して
 いただきました。