あなたは知ってますか/新素材ライメックス

資源の枯渇が叫ばれる中、紙やプラスチックの
代替となる画期的な新素材「ライメックス」。
その生みの親の山﨑敦義さんが本誌に登場です。

山﨑 敦義(TBM社長)×出雲 充(ユーグレナ社長) 
───────────────────   
※『致知』2018年1月号
※特集「仕事と人生」P18

─────────────────── 

【出雲】
山﨑さんはいま、ライメックスの開発や普及に
ますます力を注いでいらっしゃるようですね。

【山﨑】
はい。国内外の大手企業さんとの共同開発で、
市場に出していけるものが次々と生まれ始めているので、
いろんなパートナーと組んで普及活動を進めているところです。

ライメックスは、ライムストーン(石灰石)と
無限の可能性を表すXを組み合わせて命名しました。

通常の紙は、1トンつくるのに約20本の木と100トンの水が必要ですが、
ライメックスは日本も含め、世界中に無尽蔵にある安価な石灰石を
主原料につくることができるので、
資源の枯渇が深刻化する世界に大きく貢献していけると考えています。




三月にサウジアラビアのサルマン国王が来日されましたが、
サウジアラビアの政府は、森林資源にも水資源にも乏しい国内においても、
石灰石という百%自国の資源でつくることができる
ライメックスに非常に興味を持たれましてね。

いま、向こうの開発計画庁と日本の日揮様と共同で、
現地にライメックスの製造プラントを建設するプロジェクトを進めています。

それから、ライメックスは石油の使用を大幅に抑えた、
環境に優しいプラスチックの代替製品をつくることもできます。

先日の講演でもお話ししましたが、
海に投棄される大量のプラスチックのゴミが、
マイクロプラスチックという微小な粒子になり、
それを食べた魚をさらに人間が食べて病気になるというのが、
いま深刻な問題になっていましてね。


僕もビックリしたんですが、このままいくと2050年には世界中の魚の総重量と、
マイクロプラスチックの総重量が一緒になるというんです。

【出雲】
それは怖いですね。

【山﨑】
プラスチックの投棄は、エコシステムの整っていない
途上国ほど行われる傾向が強いため、例えばケニアでは
ビニール袋の使用が8月から禁止されるといった動きも出始めています。

ライメックスは、こうした問題にも解決の道を示すことが期待されているんです。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら