『致知』で振り返る2015【Vol.6】 人気作家・北方謙三氏の20代

仕事論


今年も残すところ今日と明日の
あと二日となりました


年末の大掃除はもうお済みでしょうか
?

さて、「『致知』で振り返る2015」
残すところあと二回です。

『致知』2月号の特集テーマは「未来をひらく」


本日ご紹介する対談には、
多くの読者から「感動した!」
という声を寄せていただきました


 





『致知』で振り返る2015【Vol.4】






     「青春

?

     北方 謙三(作家)
           ×
     福島 智(盲ろうの東京大学教授)


       ? ? ? ?  ※『致知』2015年2月号

 
             特集「未来をひらく」より




 



(左:北方氏   右:福島氏)





【北方】

体験というのは、たぶん小説を書く時の

10パーセントぐらいの核にはなっていると思います。


あとはその体験に、

いろんな願望や想像力が加わって

小説になっていくんだろうと思いますね。



ですから私の二十代の10年間というのは、

そういう肉体労働をしながら

ひたすら小説を書き続けたわけですが、

その間のボツ原稿がどのくらいあるかというと、

四百字詰めの原稿用紙を積み上げて、

背丈を越えます。



【福島】

はぁ、ものすごい枚数だ!


そういう不遇の時代があったから、

その後の創作のエネルギーに

繋がっていったんでしょうね。



【北方】

あの十年間はいったい

何だったのかとよく考えるんです。



そしてあれは青春だったと思います。



青春というのは意味のあることを

成し遂げることじゃないんです。



どれだけ馬鹿になれたか。

どれだけ純粋で一途になれたか。



それがあの背丈を越えるボツ原稿だとしたら、

捨てたもんじゃないと思いますね。



青春時代にすべてを完成させようと思っていると、

チマチマと小さくまとまった

生き方になってしまうだろうと思うんです。



けれども私は10年間馬鹿になって突っ走った。


?

転がっては突っ走り、転がっては突っ走り、

それの集積が背丈を越えるボツ原稿の山。




これはなかなかのものだと思うんですよ。




 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『致知』は、毎号様々なテーマで特集を組んでいます
ぜひあなたのお気に入りを見つけてください











 『致知』のお申し込みはこちらから
     ↓   ↓

致知出版社編集部ブログ




?




?





 

 




いつもお読みいただき、ありがとうございます嬉しい