『国語の力がグングン伸びる1分間速音読ドリル』(齋藤孝・著)

注目の書籍

今月下旬に発売される齋藤孝先生の最新刊

『国語の力がグングン伸びる1分間速音読ドリル』

https://www.amazon.co.jp/dp/4800911699



・走れメロス
・坊っちゃん
・注文の多い料理店
・セロ弾きのゴーシュ
・ごん狐、
・論語
・平家物語
・徒然草
・雨ニモ負ケズ
・高村光太郎の詩

……名作・名文・名詩・名歌など
全40篇のテキストを収録したものです。

本書を音読することの効能を
齋藤先生が「あとがき」に
綴っておられますので、その一部をご紹介します。

…………………………………………
“語彙力”が飛躍的に高まる速音読
…………………………………………

本書では速音読のテキストとして
多くの名文を取り上げています。

それらを音読することによって
語彙力が飛躍的に高まります。

たくさんのよい言葉を音読して身につけると、
世界が広がっていきます。

たとえば、太宰治の言葉遣いには
太宰治の世界観があり、
夏目漱石の言葉遣いには
夏目漱石の世界観があります。

彼らの作品を音読することにより、
言葉を通して彼らの世界観に
触れることができるのです。

文豪たちの言葉を音読して、
いろいろなものの見方や考え方を
身につけるということは、
この本のもう一つの狙いになっています。

最初は一日に一つでかまいません。

確実に毎日続けることを目標にしてください。

そして、終わったらタイムを記入する。

そうやって十回目を終えた時には
達成感を味わってもらいたいと思います。

「自分はやったんだ!」という達成感は
継続のためにはとても重要です。

たとえ一分で読めなくても、
一回目より二回目、三回目よりも四回目
というふうにタイムが縮まっていくことで
自信がつき、達成感が得られます。

いまはスマホにもストップウォッチ機能が
ついています。

それを利用して、しっかり秒まで計ってみてください。
そうするとスポーツの試合や
ピアノの発表会のような雰囲気で、
緊張感をもって勉強することができると思います。
この真剣味が勉強に迫力を与えるのです。

緊張感の中で間違えずに速く読むという体験は、
国語力を伸ばすだけではなく、
思考力を育て、大勢の前で話す度胸を
つけることにもつながります。

つまり、毎日一分間の速音読で、
子供たちの総合力を鍛えることができるのです。

…………………………………
こんな効果が期待できます!
…………………………………

・集中力UP!

・注意力UP!

・頭の回転が速くなる!

・やる気が湧いてくる!

・記憶力が高まる!

・語彙力が高まる!

・テキパキ話せるようになる!

・文学の教養が高まる!

・太宰治や夏目漱石など文豪たちの語彙が身につく!

…………

目次
…………

【1】ごん狐1 新美南吉
【2】ごん狐2 新美南吉
【3】注文の多い料理店 宮沢賢治
【4】どんぐりと山猫1 宮沢賢治
【5】どんぐりと山猫2 宮沢賢治
【6】セロ弾きのゴーシュ 宮沢賢治
【7】走れメロス1 太宰治
【8】走れメロス2 太宰治
【9】走れメロス3 太宰治
【10】走れメロス4 太宰治
【11】走れメロス5 太宰治
【12】走れメロス6 太宰治
【13】走れメロス7 太宰治
【14】走れメロス8 太宰治
【15】走れメロス9 太宰治
【16】走れメロス10 太宰治
【17】坊っちゃん 夏目漱石
【18】石川啄木の短歌
【19】小林一茶の俳句
【20】松尾芭蕉の俳句
【21】平家物語
【22】源氏物語 紫式部
【23】枕草子 清少納言
【24】徒然草 兼好
【25】百人一首 (小倉)1
【26】百人一首 (小倉)2
【27】日新公いろは歌 島津忠良
【28】千曲川旅情の歌 島崎藤村
【29】雨ニモ負ケズ 宮沢賢治
【30】高村光太郎の詩
【31】坂村真民の詩
【32】東井義雄の詩
【33】学問のすすめ 福沢諭吉
【34】論語 孔子
【35】実語教1
【36】実語教2
【37】実語教3
【38】二宮翁夜話 二宮尊徳
【39】大学 曽子
【40】孝経

……………………………………………………

『国語の力がグングン伸びる1分間速音読ドリル』
(小学校全学年対応)

齋藤孝・著
定価=本体1,200円+税

【アマゾンで先行予約、受付中】

https://www.amazon.co.jp/dp/4800911699