突然の訃報——森信三師と森迪彦先生、親子2代に通底する生き方から学ぶもの

左が兼氏敏幸氏(「実践人の家」理事長)、中央が森 迪彦氏(「実践人の家」常務理事)、右が浅井周英氏(「実践人の家」参与)

悲しい知らせ

『致知』20224月号(31日発行)特集「山上 山また山」の制作がいよいよ佳境に差し掛かった215日、あまりにも悲しい知らせが届きました。

その約2週間前に取材をさせていただき、本号鼎談「森信三が目指した世界」にご登場いただいた「実践人の家」常務理事・森迪彦先生が逝去された、との訃報です。

森迪彦先生と本誌との出逢いはいまから17年前。20054月号連載「致知随想」にて初登場を飾り、その後3度にわたって特集ページの鼎談にて貴重なお話を賜りました。

SBIホールディングス社長・北尾吉孝氏やグロービス経営大学院学長・堀義人氏をはじめ、数多くの経営リーダーやビジネスマンから師と仰がれ、本誌の精神的源流にもなっている哲学者・森信三師。その三男として、偉大なご尊父が遺した思想哲学の伝承活動に、長年にわたり尽力されてきました。享年80。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

渾身のラストメッセージ

昨年8月号にて森信三師の高弟・寺田一清氏の追悼座談会を企画した折、森迪彦先生にお声掛けしたものの、ちょうど喉に癌が見つかり、治療に専念したいからと辞退されました。

年が明け、森信三師の没後30年の節目に際し、再度取材のご依頼をしたところ、「引き受けたい気持ちは強いけれども、体調に不安があるので、新たに実践人の家の理事長に就任された兼氏さんを推薦します」とのお返事でした。

こうして23日、森信三師の高弟・浅井周英氏と兼氏敏幸氏の対談取材が都内ホテルで組まれました。ところが、です。直前に連絡があり、迪彦先生も取材に同席されるというではありませんか。

当日、迪彦先生は兵庫から上京し、車椅子姿で会場に現れ、渾身の力を込めて自らの思いの丈を語ってくださったのです。

いま振り返ると、重篤な病に侵されているにも拘らず、無理を押して日帰り出張をし、本誌の質問に真摯に答えてくださった迪彦先生は、まさに命懸けで、『致知』読者に向けた遺言ともいうべきラストメッセージを私たち編集部に託すような気魄で、取材に臨んでくださったのでしょう。魂が震えずにはいられません。

森信三師の人生は幼少期から晩年に至るまで逆境の連続であり、4月号特集「山上 山また山」の言葉の如く、その都度逆境を乗り越え、命ある限り前進された方でしたが、ご子息の迪彦先生の人生もまた、天寿を全うする最期の瞬間まで命を燃やし続けた歩みそのものでありました。

『致知』20224月号の鼎談「森信三が目指した世界」にて、迪彦先生は最後にこう締め括られました。

「人生は山あり谷あり、そういうものとして様々な出来事、逆境や試練に向き合い生きていく。これからも、その思いで父の目指した世界をまた自分も目指し、力の限り父の教えを多くの方に伝え続け、よりよい世の中に貢献していきたい。それが父の没後30年を迎えた今の私の心からの願いです」

迪彦先生のご遺志を受け継ぎ、これからも月刊『致知』の編集・発行・普及活動を通して、森信三哲学の実践と伝承に邁進していく所存です。


◉2022年は哲学者・森信三先生の没後30年の節目です。『致知』4月号ではご子息の森迪彦さんと、生前の森先生に薫陶を受けた浅井周英さん、そしてその教えを受け継ぐ「実践人の家」理事長の兼氏敏幸さんがご登場。最晩年に至るまで「これでもか、これでもか」というくらい行く手を遮断される、〝山上 山また山〟の連続だった――そんな森先生の生涯とともに、そこから生み出された珠玉の名言を振り返ります。〈詳しくは下のバナーから!〉

王貞治氏、稲盛和夫氏、井村雅代氏、鍵山秀三郎氏、松岡修造氏など、各界トップリーダーもご愛読! あなたの人生、仕事、経営を発展に導く珠玉の教えや体験談が満載、月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら


人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる