人生を変えた稲盛和夫塾長の講話テープ(アスカコーポレーション・阪和彦会長) 

若い頃から京セラ創業者・稲盛和夫氏の薫陶を受け、その教えを経営・人生に生かしてきたアスカコーポレーションの阪和彦会長。稲盛氏との真の出会いを果たしたのは、ある講話テープを聴いたことだったといいます。その衝撃の内容とは——。

【好評御礼】
『致知』2021年4月号 特集「稲盛和夫に学ぶ人間学」は、おかげさまで大反響、多くの感動の声をお寄せいただきました。皆様に心より御礼申し上げます。
稲盛和夫氏による秘蔵講話ほか、永守重信氏(日本電産会長)、野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)、山中伸弥氏(京都大学iPS細胞研究財団理事長)、長渕剛氏(シンガー・ソングライター)らが競演する永久保存版。
バックナンバー詳細はこちら

塾長に教えられた経営者の覚悟

〈阪〉
私は光陽鍍金工業所の元請けだった上田鍍金(京都)に入社。上田鍍金は大手企業の協力会社として事業を行っていたのですが、1969年にその大手企業と共に九州に進出し、上田鍍金工業所として独立しました。

事業は次第に九州全体に広がり、私は1989年に43歳で社長に就任。1993年には社名を現在の「アスカコーポレーション㈱」に変更しました。

そして、盛和塾の存在を知ったのもこの頃でした。関係先に挨拶回りする中で、京セラ資材部の部長さんに「盛和塾という勉強会がある」と教えられ、稲盛塾長の講話テープをいただいたのです。

その講話テープ「勇気と創造」の一節には、稲盛塾長が社員を連れて比叡山に行く話が出てきました。稲盛塾長がドライブウェイの休憩所で社員と親睦を深めていると、暴走族に絡まれ、社員が傷つけられそうになります。その瞬間、稲盛塾長は持っていたビール瓶をかち割り、「社員を傷つけたら、俺はお前を刺すぞ!」と言わんばかりの気迫で暴走族を追い払うのです。この話を聴いた私は、「稲盛塾長にもこんな経験があったのか」「経営は社員のために命を張ってやるものなんだ」と衝撃を受けました。

それで「盛和塾に入ろう」と決意し、すぐに京セラ資材部の方にお願いして盛和塾福岡をご紹介いただき、面接を経て光栄にも入塾させていただいたのです。

当時はまだ中小企業の経営者は赤字さえ出さなければいいという風潮があり、正直、私も企業理念や社員教育などに無関心で、とにかく仕事が終われば毎晩のように呑みに行っていました。稲盛塾長はそうした私の〝やんちゃぶり〟をご存じの上で、本当に親父のように親身に面倒を見てくださいました。

初めて参加した塾長例会で決算書を見せると、稲盛塾長に「食べたり呑んだりする交際費はお前のものじゃないんだぞ。経営が分かっているのか!」とこっぴどく叱られました。その後も、例会の度に稲盛塾長の席の横に座らせていただき、「まだ改善されていないじゃないか。いまから会社に戻って現場に入れ!」と厳しくも愛情溢れるご指導をいただきました。

その中で、まず稲盛塾長から教えられた「6S」(整理・整頓・清掃・清潔・躾・整備)の率先垂範に始まり、「フィロソフィ」の導入や「誰にも負けない努力」の実行計画表の作成、社員と心を一つにする合宿などに取り組んでいきました。最初は社員たちも、「社長が変なことやりだした」と白い目で見ていましたが、1か月、2か月、3か月と続けていくと、「これは本気だ」と、皆も一緒に取り組んでくれるようになりました。

3年ほど経つと、会社全体がみるみる変わっていきました。入塾前はほとんど利益が出なかったのが、5%、10%、15%とだんだん上がっていき、調子のよい時には20%も出るようになったのです。私自身にしても、毎晩呑み歩いていたのが、毎朝5時に起きて社内の掃除をするようになったのですから、まさに人生が180度変わったと言えます。


(本記事は月刊『致知』2021年4月号 特集「稲盛和夫に学ぶ人間学」より一部を抜粋・編集したものです)


◎2021年4月号 特集「稲盛和夫に学ぶ人間学」は、おかげさまで大反響をいただきました。稲盛和夫氏による12ページに及ぶ秘蔵講話をはじめ、永守重信氏(日本電産会長)、野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)、山中伸弥氏(京都大学iPS細胞研究財団理事長)、長渕剛氏(シンガー・ソングライター)をはじめ稲盛氏に縁ある方々の感動的な実話、証言が満載です。【バックナンバー詳細はこちら

◇阪和彦(さか・かずひこ)
昭和21年京都府生まれ。39年光陽鍍金工業所入社。49年上田鍍金入社。50年上田鍍金工業所入社。平成元年同社社長。5年アスカコーポレーション株式会社へ社名変更。287月より現職。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる