拝啓、がんの神様へ(前半)


がん患者さんとの心の通った治療を
心掛けてこられたという
育成会横浜病院院長長堀先生

これまで患者さんとの間で
数々のドラマがあったそうです。

そこできょう、明日との二日間は、
長堀先生にとって思い出深い
患者さんとのエピソード
一つをご紹介します

とても素敵なお話ですよ




****************************************

拝啓、がんの神様へ(前半) 

 
長堀 優(育生会横浜病院)
    ×
村上 和雄(筑波大学名誉教授)
※『致知』2016年2月号P108
   連載「生命のメッセージ」


****************************************


 



【長堀】
これは私が10年くらい前に
出会った患者さんの話ですが、
その方はお腹の中に
がんが広がっていました。
そのことは彼女も知っていたのですが、
いつもニコニコされていたんです。
彼女は75歳くらいでしたが、
私が回診で病室へ行くと、
私の足音で近づいてくるのが
分かるようで、いつもベッドの上で
正坐して待っているんです。
たぶんどの先生にも
そうだったと思うのですが、
「いつもありがとうございます」と、
正坐したまま最敬礼をしてくれるんです。
その顔は本当に
ニコニコで満面の笑みでした。
私はどこからこの笑顔が
出てくるんだろうか、
死が怖くないのだろうかと、
いつも不思議だったんです。
ある日のこと、いつものように
素敵な笑顔を見せてくれた彼女が
真剣な顔つきで尋ねてきました。
「先生、私は手術することも
 あるのでしょうか」と。
私は正直にお答えしました。
もう手術をしてもがんを取りきれないし、
無理をするとかえって
大変な結果になると。
 
そうしたら彼女が喜びましてね。
【村上】
喜ばれたのですか。
・・・・・・明日に続く



『致知』2月号のテーマは

「一生一事一貫」



「一筋の道を歩み続けて」

 今田洋輔 (「銀座久兵衛」2代目店主)
        &
 早乙女哲哉 (天ぷら「みかわ是山居」主人)
  ・  ・  ・  ・  ・
 「銀座久兵衛」「みかわ」

 当代一流の寿司天ぷらの名店。

 その暖簾を守り続けてきた
 今田洋輔さんと早乙女哲哉さんに、
 一つ事に懸ける思いを語り合って
 いただきました!


「絶えざる切磋琢磨がプロ教師を育てる」

 福山憲市 (下関市立勝山小学校教諭)
         &
 占部賢志 (中村学園大学教授)
 ・  ・  ・  ・  ・

 教師が学び合う「ふくの会」
 長年続けてきた福山憲市さんと、
 高校教師として約40年、
 九州にその人ありと謳われた
 占部賢志さん。

 そんなお二人に、
 教育者のあるべき姿勢
 お聞きしました。


 『致知』のお申し込みはこちらから
   
     ↓   ↓  

致知出版社編集部ブログ

  公式HPはこちら


今年も一年、よろしくお願いいたします