『古事記』 汲んでも汲んでも汲みきれることのない泉のような“たましい”の糧


本日おすすめしたいのは、 阿部國治先生による幻の名著 『新釈古事記伝』全7巻。

『新釈古事記伝』について詳しく知りたい方はこちら

『古事記』に出てくる神様の名前が 覚えられずに途中で読むのをやめてしまった、
内容が難しくて挫折してしまった……といった 経験のある方は少ないないと思います。

しかし、阿部先生による『古事記』の解釈は、 これほどまで美しい日本語があるだろうかと
思わせるほど豊かな味わいがあり、心の琴線に触れ、 思わず涙される方も少なくありません。

ぜひこちらの紹介文をお読みになり、 第1巻から順に読み進めていかれることを おすすめします。

 

……………………………………………………

阿部國治先生の『古事記』に関する著作は、 敗戦とともに長らく絶版となっていました。 阿部先生は、教壇で、

『古事記』と『万葉集』の解釈については、 日本中の誰にも引けを取らない自信がある」

と教え子たちに語ったと言います。 その遺志を継ぎ、門下の栗山要氏が平成11年より編纂。 10年もの歳月をかけて私費出版した 『新釈古事記伝』全7巻を弊社より復刻いたしました。

「『古事記』の正しい姿を明らかにすることは、 いつの世においても大切ですが、 現代の日本においては、殊のほか大切なことであります。 いわば『古事記』は 汲んでも汲んでも汲みきれることのない泉のような “たましい”の糧なのであります」
――阿部國治氏
日本最古の史書といわれる『古事記』こそは、 私たち日本人の叡智と祈りの結晶ともいえる書物。
この本が一人でも多くの方に 広まっていくようにと心から願っています。

 『新釈古事記伝』(全7巻)

阿部國治 栗山要(編)

定価=本体12,000円+税

 

【特設サイトで、その魅力をじっくりご覧ください】

https://www.chichi.co.jp/special/yamatonokokoro/