5年間で売り上げを2倍


↑ あなたの人間力を高める ↑
───────────────
致知出版社の「人間力メルマガ」 2016.12.24


ゴディバ・ジャパン社長の
ジェローム・シュシャンさんは、
就任後5年間で
売り上げを2倍にされました。

しかし、「2倍にする」という目標を
掲げたことは一度もないそうです。
では、シュシャンさんは、
どのようにしてこの高い目標を
実現したのでしょうか。

────────[今日の注目の人]───

☆ 果てしなき挑戦心を抱いて ☆

ジェローム・シュシャン
(ゴディバ・ジャパン社長)

※『致知』2017年1月号
※特集「青雲の志」P104

───────────────────

ゴディバ ジャパンは
こうして5年間で売り上げが
2倍になったんですけど、
そもそも私は
5年間で売り上げを2倍にすると
目標を掲げたことは一度もありません。

全社員が正しいことをするよう
心掛けてきた結果として、
15%ずつ前年増になり、
5年間で2倍になったんです。

むしろ私が社長に就任する前の3年間、
既存店の売り上げや来客数は
下がっていました。


そういう中で、今年は15%増を
目指そうと言ったところで、
誰もついてこないと思うんですよ。

だから、目標は
プレッシャーにならないように、
5%増の予算を立てる。

けれど、新商品は何にするか、
どこに出店するか、
どんな社員研修をやるか、
といった毎日毎日やることは
一所懸命ベストを尽くす。


これはいま日本の会社で
一番足りないところだと思います。

「これやれ、あれやれ」
と上から命令されても
やる気って出ないでしょう。
 
私が社長に就任する前の3年間は、
まさにそういう状態に陥りかけていました。

予算を達成できなくて、
社員のモチベーションが下がる。

達成できないと、
上の人は「もっとやれ」と命令する。

これはよくないですよね。
 

ですから、
「明るく、楽しく」と「一所懸命」、
両方大事です。

もっとも結果を狙うのではなく、
プロセスを求めるというのは
弓道の教えに基づいていまして、
弓道には……。




※弓道の心得があるシュシャンさんの
 独自の戦略については
 本誌でお楽しみください。