稲盛和夫氏が言う、「誰にも負けない努力」の本当の意味(『稲盛和夫の遺した教訓』)


27年間にわたり、さまざまな企業に経営指導を行ってきた小宮一慶氏が、経営成功のための普遍の法則を紐解いた著書『稲盛和夫の遺した教訓』。成功する経営、失敗する経営の共通点はどこにあるのか。正しい考え方を持ち続け、そのゆえに成功した現代の経営者として筆頭に挙げる稲盛和夫氏から得た教訓を、「考え方編」「経営手法編」の2部に分けて詳述。本書の中から、稲盛和夫氏の「誰にも負けない努力」の意味についてご紹介します。

◎【新紙幣発行記念!いまだけ特典付き】お申込みくださった方に、大変反響を呼んだ2022年3月号『渋沢栄一に学ぶ人間学』プレゼント!人間学を学ぶ月刊誌『致知』はあなたの人間力を高める、学び続ける習慣をお届けします。

たった3分で手続き完了、1年12冊の『致知』ご購読・詳細はこちら

なれる最高の自分になる──「誰にも負けない努力」の本当の意味

稲盛さんの本には「誰にも負けない努力」という言葉がしばしば出てきます。

社員やお客さまに「誰にも負けない努力ってどういうことだか分かりますか」と聞くと、だいたい「一所懸命努力すること」「人に負けない努力をすること」という答えが返ってきます。

稲盛さんの本を読むと、「誰にも負けない努力」とともに「自分なりの努力」という言葉が出てきます。

ほとんどの人は努力をしているのですが、その努力が「自分なりの努力」で終わっている人が多いというわけです。

自分のペースで努力をするのも悪いことではありません。でも、それで満足してしまっては足りないのです。

私はよく「人が評価してくれるアウトプットができるぐらい努力をしてください」と言っています。

「誰にも負けない努力」とは、そういうことだと思います。

私がたくさん本を出したり、講演をしたり、連載を持っているのは、アウトプットに焦点を当てているからです。

アウトプットが評価されるようになるためには努力が必要ですし、それに応じたインプットも必要です。

それをするのが最低限の「誰にも負けない努力」なのではないかと考えています。

アウトプットに焦点をあてそれがある一定のレベル以上であると、世の中はある程度は評価してくれます。

しかし、それはファーストステップにすぎません。そこで満足してはいけません。

そこでセカンドステップとして、「なれる最高の自分になる」という話を私はよくします。

たとえば、イチロー選手はメジャーリーグの安打記録を作ったり、首位打者を取ったり、これ以上はない活躍をしました。

しかし、彼はそれに満足せず、首位打者を取ったあとも、試合のある日は球場に一番乗りして練習を積みました。

それはなぜかというと、「なれる最高の自分」になりたかったからではないかと私は思っています。

そのように、社会から評価されるアウトプットができるほどの努力をするとともに、常に「なれる最高の自分」を目指すことが大事だと思うのです。

それが稲盛さんの言われる「誰にも負けない努力」の本当の意味ではないかと思います。

いずれにしても、アウトプットに焦点を当てることが大事です。

それしか社会に貢献する術はないし、社会に認められる術はないのです。

日常的にインプットするのは当たり前の話で、アウトプットに焦点を当てないと社会からはなかなか評価されません。

本記事の内容は、『稲盛和夫の遺した教訓』(小宮一慶・著)より抜粋したものです。
『稲盛和夫の遺した教訓』のご購入はこちら


◎【新紙幣発行記念!いまだけ特典付き】お申込みくださった方に、大変反響を呼んだ2022年3月号『渋沢栄一に学ぶ人間学』プレゼント!人間学を学ぶ月刊誌『致知』はあなたの人間力を高める、学び続ける習慣をお届けします。

たった3分で手続き完了、1年12冊の『致知』ご購読・詳細はこちら

◇小宮一慶(こみや・かずよし)昭和32 年大阪府生まれ。56 年京都大学法学部卒業後、東京銀行(現・三菱UFJ銀行)入行。同行から派遣されダートマス大学タック経営大学院でMBA 取得。本店でM&Aなどを担当した後、平成3 年岡本アソシエイツに移籍し、同社取締役就任。8 年小宮コンサルタンツ設立。『どんなときでも稼ぐ社長がやっている経営習慣36』(日経BP)など著書多数。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 11,500円(1冊あたり958円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 31,000円(1冊あたり861円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる