「勝負の神は細部に宿る」日本サッカー界を牽引してきた岡田武史監督の勝負哲学

W杯男子日本代表やコンサドーレ札幌、横浜F・マリノスの監督として日本のサッカー界をリードしてきた岡田武史氏。現在も日本サッカー協会副会長を務める傍ら、FC今治のオーナーとして地方から新たなサッカーの姿を精力的に発信している氏に、その勝負哲学をお伺いしました。

◎各界一流の方々の珠玉の体験談を多数掲載、定期購読者数NO.1(約11万8000人)の総合月刊誌『致知』。あなたの人間力を高める、学び続ける習慣をお届けします。

たった3分で手続き完了、1年12冊の『致知』ご購読・詳細はこちら
購読動機は「③HP・WEB chichiを見て」を選択ください

勝敗を分けるのは「意識」

〈岡田〉
監督は試合に際してどの戦術をとるかを判断しなくてはいけない立場です。だけど答えはないわけです。とことん考えても答えは出ない。

結局頼るのは何か? 勘なんです。大事なのはその勘を選択する勇気ですね。こんなことをしたらまたマスコミに叩かれるとか、そんなことを考えて下した判断はいい結果を招かない。

反対に、無心に近い状態でぽっと浮かんだ考えを選択すると、ものすごい確率で当たるんです。

選手時代もそうでした。無心で試合に臨んでいたら、一度も決めたことのない左足のミドルシュートが見事に決まった、といったことを僕は何度か経験しました。フローとかゾーンとかいわれますが、トップアスリートは皆それを知っているのではないでしょうか?

これはあくまで私見ですけど、僕の場合は本で学んだことも少なからず影響しているような気がします。読書好きでサッカー以外の本も結構読むのですが、読んだ本の一節が、サッカーの試合中に僕の意識の中で化学反応を起こし直感に繋がるのではないか、と。

勝敗についてメディアや評論家は決まって戦術論、システム論ばかり言います。もちろん、それも大事ですが、勝負を分けるのは8割、9割が私たちの意識ですよ。

「ミスしても大丈夫」とか「俺一人くらいいいだろう」とか、そういう選手が一人でもいたら試合に負けるんです。 

2010年のW杯の前、日本代表選手は敵地での試合で一勝もしていませんでした。その時、僕は録画した試合の様子を編集して選手たちに見せました。 

すると、一人の選手が大丈夫と楽観視して蹴るのに失敗したとか。すべてがそういうミスなんです。戦術、システムの問題は一つもない。僕はこういうことにうるさくて、「君らが手を抜いて運を掴み損ねて、W杯で負けたらどうするんだ」と常に檄を飛ばしました。 

神は細部に宿るというのは、本当にそのとおりなんですね。

リーダーは腹の括り方が大事

~リーダシップについての質問を受けて~

〈岡田〉
一つには監督自身に覚悟があるかどうかが大事だと思います。

僕も代表監督として選手たちからいろいろな声を聞き、いいと思ったことは取り入れてきました。だけど、これは違うと思ったら、はっきり言いましたね。

「俺は日本代表監督として全責任を負ってこのようなサッカーをやる。能力があると思うからおまえを選手として選んだ。もし嫌だったら、しようがない。残念だけど諦めるから出ていってくれ」と。

このスタンスをどんな中心選手でも外しませんでした。 

実際にそれを言ったのは一人だけでしたが、監督が腹を括っていると皆分かるんですね。だから、絶対に逆らいませんでした。上に立つ者はこの腹の括り方が大切だと思います。 

それに監督時代は随分、身銭も切りました。そういうところも、選手たちはちゃんと見ていますからね。 

嫌われることを恐れていたらリーダーは務まりません。実際、W杯には23名しか連れていけないし、11人しかピッチには出せないんです。

僕は私的な感情を挟みたくないので仲人は絶対にやらなかったし、現役選手と一緒に酒を飲むこともしませんでした。


(本記事は月刊『致知』2015年9月号 特集「百術は一誠に如かず」より一部抜粋・編集したものです)

◉2022年12月号 特集「追悼 稲盛和夫」に岡田武史さんがご登場!◉

稲盛さんの謦咳に接した岡田さんには、著作を通じて稲盛哲学を学ばれた栗山英樹さんとともに、

・小善は大悪に似たり 大善は非情に似たり
・自分はいま、ど真剣に挑んでいるか
・スポーツチームにも広がるフィロソフィの大切さ
・後世に語り継ぎたい稲盛さんの生き方

など、稲盛哲学に学んだことを語り合っていただきました。その対話には、いま我われが学ぶべき、また後世に語り継ぐべき稲盛哲学の要諦が詰まっています。ぜひご覧ください。

◎岡田さんも、弊誌『致知』をご愛読いただいています。創刊45周年を祝しお寄せいただいた推薦コメントはこちら↓↓◎

サッカーの監督として答えのない問いを繰り返している時、ふと『致知』を手にして読み、目から鱗が落ちるように道が見えたことが幾度となくありました。そこにはその問いの答えよりもっと深い本質が書かれていました。

そして今、経営者として同じように『致知』に出てくる先達の教えに助けられると共に、人生の師として道を教わっています。

◇岡田武史(おかだ・たけし)
昭和31年大阪府生まれ。55年早稲田大学政治経済学部卒業後、古河電工入社。平成2年現役引退。9年監督として日本初のFIFAW杯本選出場を果たす。10年コンサドーレ札幌監督、15年横浜F・マリノス監督に就任。19年日本サッカー協会特任理事、同年9年ぶりに日本代表監督に就任。22年W杯南アフリカ大会でグループリーグを勝ち抜きベスト16に導く。26年FC今治オーナーに就任。著書に『岡田メソッド』(英治出版)、共著に『勝負哲学』(サンマーク出版)などがある。

◎各界一流の方々の珠玉の体験談を多数掲載、定期購読者数NO.1(約11万8000人)の総合月刊誌『致知』。あなたの人間力を高める、学び続ける習慣をお届けします。

たった3分で手続き完了、1年12冊の『致知』ご購読・詳細はこちら
購読動機は「③HP・WEB chichiを見て」を選択ください

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

閉じる