五木寛之、村田諒太、吉田都、為末大——あなたの「人間力」を養い、運命を高める名言集

 

日頃、どのような言葉に触れているかがその人のその日の運命を決める――歴史の偉人や先人たち、いま第一線で活躍している一流たちの言葉は、触れる人の心を時に鼓舞し、時に安らげる力を持っています。皆様のよりよき人生を願い、人間力を高める月刊『致知』より、珠玉の名言の数々をご紹介します。

◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」こちら

人間力を高める金言集

「過去は変えられない。しかし、未来は創造できる」(永田勝太郎/国際全人医療研究所代表理事)

「悲しみというものを知っていなければ、本当の喜びというものは生まれない」(五木寛之/作家)

「人生には必ず意味がある、人生はあなたに絶望していない」VE・フランクル/心理学者)

「私が我が運命の支配者 私が我が魂の指揮官」(ネルソン・マンデラ/南アフリカ大統領)

「舞台の上の僅かな一瞬で華やかな演技ができるのは、その裏にコツコツと努力した日々があるから」(吉田都/新国立劇場舞踏芸術監督)

「きょう一日をやり切ろう、目の前の人に精いっぱい尽くそうという思いでやっていると結果が出る」(金沢景敏/AthReebo社長)

「コツコツ努力する人を神様はちゃんとみている」(金沢景敏/AthReebo社長)

「努力を努力と思ったら成功しない」(村田諒太/WBA世界ミドル級スーパー王者)

「『自分はまだまだだ、立派になろう』と思って努力し続ける、そこに人間としての魅力が生まれる」(瀧澤中/作家)

「不断の努力の積み重ねがその人を成長、成熟させていく」(真殿知彦/海将)

「人は生きてきたように死んでいく」(柏木哲夫/淀川キリスト教病院理事長)

「感謝の言葉を繰り返してきた人は、最期も感謝の言葉を胸に旅立っていく」(関本剛/関本クリニック院長)

「人生という河を向こう岸まで泳ぎ切ってこそ己の命を全うできるし、泳ぎ切る力を持っているのが人間」(関本剛/関本クリニック院長)

「人は生きている限り成長できる。死ぬその瞬間まで精神的に成長し続けることができる」(アルフォンス・デーケン/上智大学名誉教授)

・「鳥は飛ばねばならぬ 人は生きねばならぬ」(坂村真民/詩人)

「本気度、人間性こそが最後に一流と超一流を分ける差になる」(栗田大輔/明治大学サッカー部監督)

「伸びる人はぶつかってくる。負けるものかと闘える方はグンと力がつきます」(杵屋響泉/長唄三味線方演奏家)

「時には細くなって流れが消えそうになる中でも、その流れを絶対に消さない。それが本当の努力」(松岡和子/翻訳家)

「コツコツ諦めない努力は、人生・経営を導く上での絶対条件」(菅沼佳一郎/三和デンタル社長)

「無我夢中で打ち込んでいると、前進するヒントが掴める」(斉須政雄/コート・ドールオーナーシェフ)

「夢は全力の向こう側にしかない」(斉須政雄/コート・ドールオーナーシェフ)

「ある一時期は寝食を忘れて没頭するくらい、自ら発心して仕事に打ち込む時間が絶対必要」(河田勝彦/オーボンヴュータンオーナーシェフ)

「チャンスは何度も巡ってこない。たった一度の勝負にすべてを懸ける」(為末大/Deportare PartnersCEO


各界トップリーダーもご愛読! 月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる