日本はこれでいいのか——政治、外交、教育、学力……日本の未来を切り拓いていく名言集

2022年6月1日発刊の『致知』特集「これでいいのか」。本号には、「国語力」「日本語力」の大切さを説くお茶の水女子大学名誉教授の藤原正彦さんのトップインタビューをはじめ、櫻井よしこさんと中西輝政さんの国際・国防問題対談、瀬戸塾塾長の瀬戸謙介さんと元高校教師の中村正和さんの教育対談、稲盛和夫氏の側近であり日本航空元会長補佐専務執行役員の大田嘉仁さんと一橋大学ビジネススクール客員教授の名和高司さんの「日本人の働き方」に関する対談などを掲載。

各界第一線で活躍する方々が、日本が直面する様々な課題とその解決策について独自の視点で深く掘り下げます。その注目の号から明日を拓く力になる名言をご紹介します。

◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」こちら

日本の未来を拓く名言集

「国語に『もののあわれ』をはじめとする人間の情緒、伝統がすべて込められている。これは日本の至宝です」(藤原正彦/お茶の水女子大学名誉教授)

「国語とは祖国そのものです。国語さえ忘れなければ、日本は滅ぶことはありません」(藤原正彦/お茶の水女子大学名誉教授)

「教育というのは、本来はとてもプリミティブなものであって、愛情を持って裸と裸の人間同士のぶつかり合い、魂と魂が直接触れ合うことだと思っています」(中村正和/元高校教師)

「夢は自分のためのものですが、志というのは世のため人のために生きるという決意です」(中村正和/元高校教師)

「子供が心を開いてくれるかどうかは大人の本気度次第です。こちらがどれだけ愛情を持って本気でぶつかっていくかです」(瀬戸謙介/瀬戸塾塾長)

「内なる自分を磨き、自分の心を律し、徳を積む。そうすることによって自分が立派な人間になり、世の中のために尽くそう、そういった考えの基にあるのが武士道です」(瀬戸謙介/瀬戸塾塾長)

「社員にやりがいを持たせるためには、何よりもまずリーダー自身がやりがいを感じてイキイキ働くことです」(大田嘉仁/日本航空元会長補佐専務執行役員)

「本当に自分の仕事を天職だと思った人たちの生産性は二、三割違いますし、創造性はひと桁以上違ってきます。‶やらされ仕事〟じゃなくて、‶やりたい仕事〟になったら強い」(名和高司/一橋大学ビジネススクール客員教授)

「労働には、欲望に打ち勝ち、心を磨き、人間性を作っていくという効果がある」(稲盛和夫/京セラ名誉会長)

「人間の心は弱いものだから、常に磨き高め続けなければいけない」(稲盛和夫/京セラ名誉会長)

「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」(稲盛和夫/京セラ名誉会長)

「違いを論じるから争いが起こり、ひいては戦争になる。しかし、お互いの共通分母を見つければ和を貴ぶことができます。それができるのが日本の国柄だと思うんです」(白駒妃登美/ことほぎ代表)

「どんな困難があっても決して逃げずに努力を続けていけば道はひらける」(神山貴恵/刀剣研師)

「順境の時は誰でも頑張れますが、苦しくなり、失敗が続いている時にどう行動するか。それが真のチャンピオンになれるかどうかの分かれ道」(松岡修造/スポーツキャスター)

「失敗の経験こそが人生の糧になり、後に成功へと繋がる。自分の強さだけでなく、弱さを受け入れられるようになれば、それは必ず自信に繋がります」(松岡修造/スポーツキャスター)

「人間、楽をしようとするとろくなことはない、むしろ苦しみを生み出すことになりかねない。しかし、どんなことでも一所懸命にやっていると、今まで苦痛だったことが楽になることがある。そうなると道を楽しむことができる。なにごとも楽しむようになれれば、自ずと道は開かれるのだ」(横田南嶺/臨済宗円覚寺派管長)


各界トップリーダーもご愛読! 月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる