かつての敵兵に「恩師」と仰がれた日本人

素晴らしく生きた人の人生に触れる時、誰もが心を打たれ、自分の生き方を振り返ることでしょう。ここでご紹介するのは、第二次世界大戦のスラバヤ沖海戦で撃沈したイギリス艦船の兵士を救った、工藤俊作中佐の逸話です。工藤中佐の顕彰をライフワークとする、ジャーナリストの惠隆之介さんにお話しいただきます。

◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」こちら

英国外交官の証言が、日本人の精神を伝えた

――大東亜戦争で駆逐艦「雷」の艦長だった工藤俊作中佐の顕彰に力を注がれていますね。

〈惠〉
工藤俊作という名前を、おそらくほとんどの日本人は知らないと思います。

昭和17年のインドネシア・スラバヤ沖海戦で撃沈されたイギリス艦船の漂流者422名を救助した帝国海軍の中佐です。小さな駆逐艦に、乗組員220人の2倍近い将兵を乗艦させた上に、敵兵である彼らをゲストとして厚くもてなしました。

この事実は、最近まで誰も知りませんでした。私は5年間にわたり数少ない資料や生存者の証言を手掛かりに工藤中佐の足跡、人物像を研究してきましたが、調べれば調べるほどその個性とスケールの大きさに驚かされました。戦闘の最中、危険を顧みず多くの敵兵の救助を決断した工藤俊作という偉大な人物を私は同じ日本人として誇りに思いますし、人々に知らせずにはいられないのです。
  
──研究を始められたきっかけは?

〈惠〉
平成15年6月、NHKラジオの『ワールドリポート』を聴いていて、私は身震いするほどの感動を覚えたのです。

それはロンドン発のリポートでした。リポーターは

「このような美談が、なぜ日本で報道されなかったのだろうか」

と興奮した口ぶりで語っていました。番組に情報を提供したのは元英国海軍大尉で、後に駐スウェーデン大使などを歴任したサムエル・フォールという元外交官でした。

──工藤中佐に命を救われた一人だったのですね。

はい。番組はフォール卿の次のような話を報じていました。

その時、400人以上の将兵たちは24時間近くジャワ海をボートや木板に乗って漂流しながら、皆すでに生存の限界に達していたというのです。中には軍医から配られた自決用の劇薬を服用しようとする者もいました。

そういう時、目の前に突然駆逐艦「雷」が現れる。これを見たフォール卿は

「日本人は野蛮だ」

という先入観から、機銃掃射を受けて殺されると覚悟を決めたといいます。

ところが、「雷」は直ちに救助活動に入り、終日をかけて全員を救助した。フォール卿がさらに感動したのはこの後です。

重油と汚物にまみれ、弱り切った将兵を帝国海軍の水兵たちが抱えながら服を脱がせ、汚れを丁寧に洗い流し、自分たちの被服や貴重な食料を提供し、友軍以上に厚遇しました。

さらに工藤中佐が英国海軍士官を甲板に集めて敬礼し、

「私は英国海軍を尊敬している。本日、貴官たちは帝国海軍の名誉あるゲストである」

と英語でスピーチしたというのです。
  
──感動的なお話です。

フォール卿も「奇跡が起こった」「夢を見ているのではないか」と思って自分の腕をつねったと語っていました。そして最後に工藤中佐のこの行為を

「日本武士道の実践」

と絶賛していたのです。
 
戦後生まれの私は、大東亜戦争中、日本は悪いことばかりしたという自虐史観の中で育ちました。海上自衛隊幹部候補生時代も信じたくはありませんでしたが、心のどこかに「もしかしたら」という疑念があったのです。それだけにこの証言を聞いて言葉にならないほど感動を覚えました。

「ああ、自分が思っていたとおり帝国海軍はやはり偉大だったのだ。これぞまさしく真の武士道だ」と。

文筆活動を通して、後世のためにもこの史実と工藤中佐のことを書き残さねばならないという使命感が、この時湧いてきたのです。


(本記事は月刊『致知』2009年2月号 特集「富国有徳への道」より一部を抜粋・編集したものです)


王貞治氏、稲盛和夫氏、井村雅代氏、鍵山秀三郎氏、松岡修造氏など、各界トップリーダーもご愛読! あなたの人生、仕事、経営を発展に導く珠玉の教えや体験談が満載、月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら


致知出版社編集部ブログ

◇惠 隆之介(めぐみ・りゅうのすけ)
昭和29年沖縄コザ市生まれ。53年防衛大学校卒業後、海上自衛隊幹部候補生に。世界一周遠洋航海を経て護衛艦隊勤務。57年退官(二等海尉)。その後、琉球銀行勤務、米国国務省プログラムにて米国で国際金融等研修。著書に『敵兵を救助せよ!』(草思社)『海の武士道』(産経新聞出版)『誰も書かなかった沖縄』(PHP研究所)など。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる