「セブン-イレブン」を立ち上げた鈴木敏文氏が若者に伝えたいこと

日本最大のコンビニチェーン「セブン‐イレブン」をゼロから立ち上げた鈴木敏文氏。この挑戦を成功へと導いたものは何だったのでしょうか。鈴木さんにご自身の体験から掴んだ成功の要諦、20代へのメッセージとは。

◉あなたの人生・仕事の悩みに効く〈人間学〉の記事を毎日お届け! いまなら登録特典として“人間力を高める3つの秘伝”もプレゼント!「人間力メルマガ」のご登録はこちら

挑戦こそ未来をひらく

〈鈴木〉
コンビニ事業の成功の根底には、常にお客様の立場で考えるという変わらない視点があった。「日々の仕事は与えられるものだから、挑戦はできない」と考える人もいるかもしれないが、そうではない。仕事は皆に同じように与えられるからこそ、自分から一歩踏み出す挑戦が必要なのである。

自発的に挑戦していると、必然的に仕事は面白味を帯びてくる。言われたことだけをやっていたら仕事がつまらないのは当然だ。だからどんな仕事であれ、挑戦することが不可欠だ。「こんな仕事は面白くない」、そうぼやく声をよく聞くが、それは挑戦意欲がないからであり、「自分は駄目だ」と公言しているのと同等である。

繰り返しになるが、世の中は常に変化していく。故にその時代、その年齢に相応しい挑戦をしていくことが大切だ。例えば私は88歳になったけれど、「もう歳だから駄目」なんてことはなく、「その歳なりに挑戦することがある」と思っている。

中でも20代というのは、何にでも挑戦できる最高の駆け出しの時期である。責任ある立場でないからこそ、失敗を恐れず挑戦してほしい。勉強にしろ読書にしろ、恋愛事だってすべて挑戦だ。だからこそ、20代はいろいろなことに興味を持ってほしい。

セブンイレブンはいまでこそ当たり前のようにお弁当やおにぎりを売っているが、当初は反対の嵐だった。家庭でつくるものであるお弁当やおにぎりをわざわざ店で買う人がいるのかと。

それでもコンビニ事業をスタートした時と同様、信念を貫き通して1976年に開発を始めたところ、確かに最初は一日に一店舗で2個か3個しか売れなかったが、いまではおにぎりは年間22億個も売れるようになっている。常識を覆すことができたのである。

おでんの販売やプライベートブランドの開始、セブン銀行の立ち上げなども同様だ。周囲から「無理だ」と猛反対を受けながらも常に挑戦し続けることで、道を切り拓いてきた。

皆が一様に賛成することは挑戦する価値のないことであり、皆が反対することにこそ、未来を切り拓く宝が眠っている。つまり、困難の中にこそ挑戦する価値があるのである。信念を持って挑戦し続けていると、世の中の常識のほうが変わっていくものだ。それがビジネスの第一線を走り続けてきた私の実感である。 

ぜひとも、これからの未来を担う若者には積極的に一歩踏み出す挑戦をしてほしいと心から願っている。


(本記事は月刊『致知』2021年4月号 連載「20代をどう生きるか」より一部抜粋・編集したものです)


王貞治氏、稲盛和夫氏、井村雅代氏、鍵山秀三郎氏、松岡修造氏など、各界トップリーダーもご愛読! あなたの人生、仕事、経営を発展に導く珠玉の教えや体験談が満載、月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら

【登場者紹介】
◇鈴木敏文(すずき・としふみ)
昭和7年長野県生まれ。31年中央大学経済学部卒業後、東京出版販売(現・トーハン)に入社。38年ヨーカ堂(現・イトーヨーカ堂)に転職。48年セブンイレブン・ジャパンを設立し、コンビニエンスストアを全国に広め、日本一の流通グループとして今日まで流通業界を牽引する。平成285月より現職。著書に『わがセブン秘録』(プレジデント社)など多数。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる