SBIホールディングスCEO・北尾吉孝が読み解く「干支」の知恵

お正月を迎えて意識されるのが新年の「干支」。牛(丑)のデザインを様々にあしらった年賀状が届き、「十二支」を身近に感じている方も多いでしょう。しかし、本来の干支の意味、字の成り立ちに思いを馳せることは意外に少ないのではないでしょうか。本記事では、SBIホールディングス社長CEO・北尾吉孝氏に、古代からの知恵と歴史的観察の集積である干支学を活用し、自分や組織の運命を切り拓いていく意義をお話しいただきます。

★あなたの人生・仕事の悩みに効く〈人間学〉の記事を毎朝7時30分にお届け! いまなら登録特典として“人間力を高める3つの秘伝”もプレゼント!「人間力メルマガ」のご登録はこちら

暦と結びついていった「干」と「支」

〈北尾〉
ここで簡単に干支の由来について触れておきます。

干支の歴史は非常に古く、十干(じっかん)も十二支(じゅうにし)もともに殷墟で発掘された甲骨にも記されているぐらいです。

殷の時代の古代中国人は殷羊(殷族の飼育していた羊で現存していない種類)といわれる羊を飼いながら中国に入った遊牧民族と考えられています。恐らく彼等は草原を求めて羊とともに、不慣れな土地を旅したと思われ、その生活は苦難と絶望に満ちたものであったでしょう。

彼等の行動と生活を支えるものは太陽や月明かり、煌めく星座、燃える火の光だけでした。そうしたものがなければ真っ暗闇であります。さらに、古代人達は季節による温度差や日照時間や太陽から発せられる熱量の変化、月の満ち欠けによる周囲の変化、星の位置と季節の変化等々といった天体現象と自らの生活との深い関わりに徐々に気付き始めました。天文知識の理解・蓄積とその活用に自分達の生活の向上発展がかかっていると認識し始めたのです。

もっとも、殷の時代はまだ狩猟や遊牧が中心で定着して農耕生活をほんの一部の所でしかしていなかったと言われてます。ですから恐らく規則的に農耕するようになった戦国時代から漢代にかけて古代人達は日、月、星座の変化や実体をより精緻に観察することにより、四季の変化や時刻の経過などについて多くの正確な知識を得て、それを農耕生活に活かし始めたのです。実に「暦」の知識の先行思想と言えるものであります。

(中略)

自然の運行の循環を説明するために干支という循環序数詞が導入されたことにより古代人の暦学思考は進化し、より精緻な暦の成立に大きな役割を果たしました。こうした中で十干、十二支の文字の解釈も大いに分化発展していきました。とりわけ十干は天地自然の運行と結びつけて解されるようになりました。さらに干支は道教や儒教の影響を受け一種の経験哲学として整っていったと考えられます。

運命に乗じて運命を拓く

〈北尾〉
干支により、来たる年の年相を知れば、それにより注意すべき事、成さねばならない事等々を早々に実践的行動に移さなければなりません。

例えば、私はあの東日本大震災(2011311日)の年の1月の当社の年賀式で2011年の年相を発表しました。その時に「過去の辛卯の年をみると、自然災害など天変地異の異常や予期せぬ出来事が起き易い。

特に注意すべきは地震です。地下に蓄えられたエネルギーが地上に向かって動き出すのです。」と申しました。このように年相から何かを予知したら、直ぐに何らかの行動を取り、予知したことに備えることが必要なのです。

干支学は中国古代人から現在に至るまでの何千年にも及ぶ自然から学んだ知恵と歴史的観察の集積であり、統計上の確率や蓋然性に基づいて帰納的に生み出されたものであります。我々はこの過去からの貴重な遺産である干支を活用し、自分の運命や社運・国運といった組織体の運命をより良きものとしなければなりません。決して通俗的な占いではないのです。この点では易学と同じことです。

運命というものを多くの人はどうにもならない、持って生れた定められたものと考えておられる人が多いように思います。しかし、どうにもならないのは「宿命」です。例えば日本に生れるとか日本人に生れるとかいったことはどうしようもないものですから、宿命です。

しかし、運命は我々が変えられるものなのです。運命とは何かということを少し話して置きましょう。運命とは読んで字のごとく「命」を「運」ぶと書きます。では「命」とは何かですが、「命」とは人間の自由、わがままを許さない必然とか絶対とかいう意味を持っています。つまり天地自然を通ずる造化の働きの絶対性を表すものが「命」なのです。

「命」という造化の働きの中に「数(すう)」という原因、結果、因縁、果報の複雑かつ微妙な関係を表すものがあります。したがって運命の中に含まれている命数を明らかにすれば、運命に乗じて運命を切り拓いていく、すなわち立命していけるのです。

(中略)干支も易と同じで、自分の運命、社運、国運等々を良き方向へ切り拓いていく一つの手段と言えましょう。

2021年の干支「辛丑」の字義

2021年の干支は「辛丑(かのとうし)」。本記事の最後に、それぞれの文字についての北尾氏の解説を特別に抜粋してお届けいたします。


〇「辛(かのと)」
「秋時に万物は成りて熟す」と『説文』にある。説文学的には、一陽が上を干(おか)す形と見て、現状打破、闘争や犠牲をともなう革新の義である。

辛は刑具に用い、切ったり突いたりする鋭い刃物を描いた象形文字です。白川静博士の『字統』によると辛の字は奴隷や罪人に入れ墨をする道具としています。だから、舌を刃物で刺すような、ぴりっとした味のことをこの字を訓読みし「からい」と言うのです。辛酸、辛辣、辛苦という熟語は、以上のような内容の意味合いがあります。

さらに辛は上を表わす二と干と一の会意文字です。干は冒す、一は一陽を表わし、説文学的には、一陽が上を干す形とみる。すなわち、今まで下に伏在していた陽エネルギーが色々な矛盾、抑圧を排除して敢然として上に発現する形であり、前年の庚(かのえ)を次ぐ革新を意味する。その際、後漢の『白虎通義』にあるように、殺傷を生ずることがある。故に『漢書礼楽志』にあるよう斎戒自新を要するものであります。


 〇「
丑(うし)」
「はじめ」と読み、事を始めようとする義がある。また紐に通じ、「結ぶ」という意もある。さらに「やしなう」(畜養)意ともする。出た芽が伸びようと構え養っている様である。

説文字から言うと、母のお腹の中にいた胎児が体外へ出て、右手を伸ばした象形文字です。今まで曲がっていた手を生まれて初めて伸ばし、指先に力を入れて強く物を取るというところから「始める」、「掴む」、「握る」という意味を持っています。

また『漢書律暦志』によると丑は紐の意とされています。この糸偏の紐は「紐は束ぬるなり」、「紐は結なり」と言われ、束ねる、統率する、結ぶといった意味があります。個人であれ組織であれ、生命体、組織体の様々な要素を結びあわせ、結合させ、結束させる意です。


(本記事は致知出版社刊『強運をつくる干支の知恵』(北尾吉孝著)に収録内容の一部を抜粋したものです)

☆北尾吉孝さんの『致知』へのメッセージ☆

致知出版社の出版物のほとんどの書物と毎月刊行される雑誌『致知』から小生は今日までどれだけ多くのことを学ばせて戴いたかを考えると感謝に堪えない。小生は、こうした出版物を通して読書尚友という『孟子』の中に出てくる言葉通り、古に遡って賢人を友とすることが出来た。また、中江藤樹の言に「天下得がたきは同志なり。」とあるが、小生は『致知』を通じて道を同じくする多くの「道友」にめぐり合うことが出来た。そうした人達から、勇気づけられたり、励まされたりした。これからも致知出版社の出版物が我が人生の指南書となって導いてくれると信じ、頼りにしている。

◎各界トップリーダーもご愛読! あなたの人生、仕事、経営を発展に導く珠玉の教えや体験談が満載! 月刊『致知』のご購読・詳細はこちら

◇北尾吉孝(きたお・よしたか)
昭和26年兵庫県生まれ。49年慶應義塾大学経済学部卒業。同年野村證券入社。53年英国ケンブリッジ大学経済学部卒業。野村企業情報取締役、野村證券事業法人三部長など歴任。平成7年孫正義氏の招聘によりソフトバンク入社、常務取締役に就任。現在SBIホールディングス代表取締役社長。著書に『何のために働くのか』『修身のすすめ』(共に致知出版社)など多数。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる