大谷翔平の人間力はどのように培われたか(栗山英樹×隈研吾)

日本人史上2人目となるアメリカン・リーグMVPを獲得したエンゼルス・大谷翔平選手。月刊『致知(ちち)』2019年4月号では、大谷翔平選手らを輩出した北海道日本ハムファイターズを率いる栗山英樹さんと、新国立競技場の設計に携わった建築家・隈研吾さんに対談していただきました。ともに「教育者」のプロフェッショナルであるお二人が語った、一流の仕事の要となる「人間力」とは──。※内容は2019年4月当時のものです

◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」こちら

選手が育つヒントは野球以外にある

〈隈〉
栗山さんも来シーズンに向けて何かとお忙しいでしょう?

〈栗山〉
おかげで話題のスター選手が何人も入団してくれましたので、チームを優勝に導くことは当然なのですが、それと同時に僕が次の時代の日本にどうしても伝えたいのが、野球という競技の面白さなんです。そのためにも若い選手たちが、誰もが憧れる選手として人間的にも大きく成長してもらわなくてはいけない。

そういう願いから僕は致知出版社から出版された『小さな人生論』を昨年の入団発表の時に新人全員に配りました。人間学の根本が書かれたこの本をしっかり読んだ上で、両親と高校時代の監督に一生の約束事を本に書いてもらうよう指示しました。

その後、今度は僕が自主トレの時に一人ひとりとの約束事を書きました。ささやかながら、このような形で僕が学ばせてもらった人間学の教えを選手たちにも残してあげたいと思ったんです。

〈隈〉
それは、いいことですね。

〈栗山〉
これまでの新しい選手には渋沢栄一の『論語と算盤』を配って「オフの間にまず読みなさい」と伝えていました。「商売でも野球でも人間としての徳がなかったら発展させることができない」ということをこの本を通して伝えようとしたのですが、なかなか思うように伝えられなかったものですから、僕が愛読していた『小さな人生論』を必読書として渡しました。

プロ生活に慣れた頃に、選手たちがこの本を読み返して自分の原点を見つめてくれたら嬉しいですね。僕は野球以外のところに選手が育つヒントがあると思っていて、特に我われが先人から授かったものを若者に橋渡ししていきたいという思いがとても強いんです。

〈隈〉
栗山さんは監督というよりも、教育者ですね(笑)。

僕も東大で教鞭を執っていますから、栗山さんの気持ちはよく分かります。建築学科の学生ってどこかマニアっぽいところがあるんですね。建築オタクなんですよ。

建築雑誌を見ることしか楽しみがないような学生もいますが、建築は人間が使うものだから、人間が分かっていないといい建築はつくることができない。そこを押さえるのはボスとしてとても大事だと僕も思っているんです。

〈栗山〉
建築は外見の美しさだけではないということですね。

〈隈〉
建築写真を見て格好いいとか悪いとか言うのは建築学科の学生だけで、ほとんどのユーザーが重んじるのは「この空間にいると気持ちがいい」「癒やされる」という感覚です。

若者を建築オタクから解放してあげるために、僕の事務所では僕が短時間でも新人とミーティングの場を持って、建築の哲学や建築と人間との関わりのようなものを伝えることにしています。

〈栗山〉
ああ、隈さん自らが。それは隈さんに憧れて事務所に入った新人にとっては何よりの喜びでしょうね。

〈隈〉
偉いボスが「建築は美が大事だ」とばかり言っていたら、スタッフは安全性よりも見かけの美しさを優先することになりかねない。実際そういう組織が多い。それじゃ困るから僕は

「美しさばかり立派ではコストが予算内に収まらないよ。それよりも自分がお金を払う人の立場になってみな」

ということを繰り返し言うんです。理想を唱えるのも大切だけど、現実はこうだということもしっかり伝えるのがボスとしての役割だと思っています。

月刊『致知』2019年4月号 特集「運と徳」

大谷翔平選手をどのように育てたか

〈隈〉
話は新人教育に及びましたが、栗山さんが大谷選手などをどのように育てられたかといったお話も、ぜひ聞きたいですね。

〈栗山〉
僕が特別に何かをしたから彼が育ったというわけではありません。ただ、僕が意識したのは前例がどうだとか、野球とはこういうものだとかいう先入観をいかに自分自身が払拭できるかということでした。

真白な感覚で大谷翔平という選手を見た時に、投手としても打者としても絶対に世界に通用することは確かでした。

僕如きが自分の感覚で彼の可能性を閉ざすようなことがあってはいけない、決められるのは野球の神様だけだと思ったものですから、技術的なことはほとんど翔平に任せて、僕と球団のゼネラルマネジャー(GM)は、それを削いでしまうような要因を排除することに力を入れました。それに、彼が成長する上では、根っからの野球好きということも大きかったですね。

翔平を見ていて僕らも勉強になったのは、いま隈さんが言われたように野球も結局は人間がやるものだということでした。人間として駄目な部分は誰が見ても駄目なわけですし、反対に欠点を改めて人間として成長していけば、野球選手としても成長していく。その手本を示してくれたのが翔平だったんです。

 〈隈〉
なるほど。

〈栗山〉
翔平には「野球が上手くなりたい。そのためには何でもやります」というはっきりしたスタンスがありましたから、人間学の教えを含めて彼の成長のために我われはやれる限りのことをしました。

だからといって何かを無理強いしたことはありません。うちのチームの特徴として、必要以上に何かを教えたりすることはしないんですね。普段は黙って練習や試合を見ていて、何かを聞かれた時に「こういう方向がいいんじゃないか」と教える。翔平をはじめ選手たちの成長を見ていると、この指導の方向で間違ってはいなかったという感覚を抱きました。 

だから、その分、僕たち指導者の勉強が欠かせないんです。選手たちよりも10倍は勉強しないと彼らの成長に追いつかないし、人間的に成長させてあげることができない。

指導者としての僕の課題は自分が人間として大きくなることだと思っていますので、だからこそ過去1000年、2000年の間、様々な苦しみを味わいそれを乗り越えてきた先人たちの教えにも積極的に学んでいるわけです。 


(本記事は月刊『致知』2019年4月号 特集「運と徳」から一部抜粋・編集したものです)

◉栗山監督から月刊『致知』へメッセージをいただきました◉

私にとって『致知』は人として生きる上で絶対的に必要なものです。私もこれから学び続けますし、一人でも多くの人が学んでくれたらと思います。それが、日本にとっても大切なことだと考えます (北海道日本ハムファイターズ監督・栗山英樹氏)

◇隈研吾(くま・けんご)
昭和29年神奈川県生まれ。54年東京大学建築学科大学院修了、60年コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員。平成2年隈研吾建築都市設計事務所設立。21年から今日まで東京大学教授を務める。代表作に、栃木県那珂川町の馬頭広重美術館、東京の根津美術館など。建設中の新国立競技場の設計にも携わる。著書に『負ける建築』(岩波書店)『建築家、走る』(新潮文庫)など多数。

◇栗山英樹(くりやま・ひでき)
昭和36年東京都生まれ。59年東京学芸大学卒業後、ヤクルトスワローズに入団。平成元年ゴールデン・クラブ賞受賞。翌年現役を引退し野球解説者として活動。16年白鷗大学助教授に就任。24年北海道日本ハムファイターズ監督に就任、同年チームをリーグ優勝に導き、28年には日本一に導く。同年正力松太郎賞などを受賞。著書に『栗山魂』(河出文庫)『育てる力』(宝島社)など。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる