計画が勝負を決める——加藤庸子はなぜ「手術数世界一の女性脳外科医」になれたのか

脳卒中の中で最も危険とされている「くも膜下出血」。高い確率で死に至るこの病気を未然に防ぐのが、「クリッピング手術」を得意とする脳神経外科医の加藤庸子さんです。女性脳外科医としては世界最多の執刀数を誇る加藤さんが、手術に臨む際に心掛けていることとは。

ことに臨む心構え

――手術に臨む上でどんなことを大切にしておられますか。

〈加藤〉
手術で最も大切なことは計画性です。脳の手術が難しいのは、他の臓器に比べて血管が細く、少しでも手元が狂えばすぐに出血するところです。それに動脈瘤が破れるかどうかは神様しか分からないところもあるんですよ。
 
ただ、先ほどお話ししたように破裂前の動脈瘤の手術は予防的措置なので、万が一私が血管を傷つけて麻痺などの後遺症が残ってしまっては話になりません。かといって私の手術は神業ではないので、何が起きるとも限らない。だからこそ予想どおりにいかなかった場合のことも必ず考えておく。

――起こり得ることを想定して手術に臨まれると。

〈加藤〉 
そうすれば何かことが起こっても、慌てたり焦ったりすることもないでしょう。
 
もっとも、いくら準備をしても実際に開頭してみたら検査の時よりも血管の状態が悪く、動脈瘤にクリップをかけられない場合もあるので、「外科医としては恥ずかしいのですが、力量不足で途中で引き返すこともありますよ」、と手術前に伝えることもしてきました。そのほうがその場その場でベストな判断をしてくれるんだな、ということを患者さんが感じて安心されるんですよ。
 
でも、何か特別なケースは別として、決まったとおりのことをやっていれば、怖いことは何もありません。ゆっくり走っていれば交通事故なんて起きないですよね。我われの仕事はオリンピックでもなんでもないので、記録を競う必要はありませんから、無理なんかしないで慎重に、かつ丁寧に行う努力はしてきました。

――慎重に、かつ丁寧に。

〈加藤〉 
それにたとえ同じ場所に動脈瘤がある場合でも、人間の顔が一人ひとり違うように、動脈瘤も全部違うことから、一つひとつの手術に工夫が必要になります。

そのためには例えばどんな手術道具を使うかも大事ですね。もう少しで届きそうなのに長さが足りないとか、なかなか目指すところに入っていかないなど歯がゆいケースがありますので、新しいものをつくったりもしました。
 
それと男性と女性では、手の大きさや握力なんかも違いますよね。でも器械会社は女性の脳外科医の手に合うような器械をつくるなんてことをあまり考えてこなかったようなので、いま相談しているところなんです。
 
やはり手にフィットしたもののほうが助かります。いい薬がないと、いかに内科医の見立てがよくても治せないのと一緒で、外科医にいい器械がなければ治せるものも治せませんから。(本記事は月刊『致知』2017年2月号 特集「熱と誠」から一部抜粋・編集したものです。人生や仕事、人材育成のヒントが満載、月刊『致知』の詳細・ご購読はこちら

◇加藤庸子(かとう・ようこ)
―――――――――――――――――――――
昭和27年愛知県生まれ。愛知医科大学医学部を卒業。名古屋保健衛生大学(現・藤田保健衛生大学)脳神経外科教室の研修医となり、60年脳神経外科医の資格を取得。平成2年世界脳神経外科連盟の副理事長に就任。3年藤田保健衛生大学で脳神経外科医として勤務。18年脳神経外科医として日本初の女性教授に就任。26年9月から藤田保健衛生大学坂文種報德會病院脳神経外科に勤務地を移転し、現在に至る。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に 1年購読 10,300円(1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 27,800円(1冊あたり772円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは