86歳・三浦雄一郎はなぜ困難に挑み続けるのか——現状維持でいいと思えば、そこで成長が止まってしまう

史上最高齢の80歳で世界の最高峰エベレスト登頂に成功した、三浦雄一郎さん。86歳になったいまなお、その挑戦心は衰えず、次なる目標として南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)の登頂とスキー滑降を掲げている。三浦さんの挑戦心の根本には何があるのか、語っていただきました。

探求一筋

〈三浦〉
2003年5月、私は目標としていた70歳でのエベレスト登頂に成功しました。頂上からの素晴らしい眺めに感動した私は、再びここに戻ってきたいと思いました。

一方で、私の心臓はかなりのダメージを受けていました。登頂の途上で不整脈と心房細動を発症し、命の危険にも直面しました。心臓の専門医には引退を勧められましたが、エベレストへの思いは断ちがたく、2度にわたって心臓の手術を受け、2008年5月に75歳でのエベレスト再登頂に成功したのです。

二度目の登頂を果たした私は、帰ってくるなり「今度は80歳でエベレストに行きたい」と口にしました。家族は猛反対です。既に2度の心臓手術を受けた身です。80歳となると、果たして心臓がもつかどうかと家族は心配したのです。

おまけに2009年にはスキーをしていて骨盤と大腿骨の付け根などを骨折し、再起不能になる恐れもありました。しかし、私の挑戦意欲は衰えませんでした。強く反対をする家族には「エベレストに行かせてくれないなら家出する!」と決然と言い放ち、何とか説得に成功しました。

3度目の出発までに私は2度の心臓手術を繰り返しました。まさに八十歳のエベレストは命懸けの挑戦になったわけですが、諦める気持ちは微塵もありませんでした。

私がそういう強い気持ちを持てたのは、父を見ていたからかもしれません。父は90歳から97歳までの間にスキーで転んで3回骨折しています。普通であれば90を過ぎてスキーで骨を折ったら「俺ももう年だ。危ないことはやめよう」と考えるところです。ところが、周りがいくら「危険だからやめなさい」といっても父は聞きませんでした。

スキーをしたいという一心で、入院から10日ほど経つと、折れた右足にギプスをしたまま左足の屈伸運動を始めたり、バーベルを上げたり、食べ物の工夫をしたりして、奇跡的に骨をくっつけてしまいました。最後に骨折したのは97歳の時でしたが、これも治して99歳でモンブランを滑ったのです。

いくつになっても諦めなければ夢は叶うものなんだと思います。夢が叶わないのは、どこかで諦めてしまうからなのでしょう。

父は101歳で天寿を全うしましたが、最後まで大好きなスキーを続けました。サインを求められると、好んでこう書いていました。

「探求一筋」

人間、現状維持でいいのだと思ってしまうと、そこで成長が止まってしまいます。しかし、父は最後まで成長し続けていました。「もうこれでいい」という気持ちには決してなりませんでした。現状維持を拒み、昨日の自分を超えようとしていました。父は「諦める」という言葉を知らない人でした。

そうした父の生き方は、私にとっての最高の手本となっているのです。

(本記事は、月刊『致知』2014年8月号「一刹那正念場」の記事の一部を抜粋・編集したものです。『致知』には人間力・仕事力を高める記事が満載! ご購読・詳細はこちら

☆三浦雄一郎さんも『致知』を読まれています☆

『致知』には古今東西の不変の訓えと、それを実践している人の魂の言葉が表現されていて、来るたびに僕は読んでいて感動します。素晴らしい本だと思います。

◇三浦雄一郎(みうら・ゆういちろう)
━━━━━━━━━━━━━━━━
昭和7年青森県生まれ。北海道大学獣医学部卒業。35年から米国のプロスキーレースで活躍。41年に富士山をスキーで直滑降。45年にエベレストの8000㍍地点からスキー滑降し、ギネス世界記録に認定される。60年に世界七大大陸最高峰のスキー滑降を達成。平成4年、クラーク記念国際高校の校長に就任。著書多数。最新刊に『65歳からの健康法 ~心と体のメタボからの脱出~』(致知出版社)。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる