松井秀喜の恩師が語った「5打席連続敬遠」秘話

2018年1月に、史上最年少43歳7か月で野球殿堂入りを果たした元巨人、ヤンキースの松井秀喜さん。7月13日に行われたオールスター戦の試合前にその表彰式が行われ、ファンから盛大な祝福を受けました。日米通算507本塁打を放ち、球史にその名を残す松井さんが“生涯の師”と仰ぐ星陵高校野球部元監督の山下智茂さんが語った、あの「5打席連続敬遠」に秘められたエピソードとは?

球界最高のレベルを目指すなら、知徳体の揃った選手になれ

(高校時代の松井秀喜選手はいかがでしたか?)

いまでも忘れられないのが、入学した日、「おめでとう」と言って握手した時のことです。手が象の皮膚のように硬くひび割れていたのです。

ちょっとやそっとの素振りではああはなりません。こいつ、どんだけ練習してんのや、とこっちが驚くほどでした。才能もあったけど、才能を生かすための努力を怠りませんでした。

それにご両親もしっかりした方々で、3年間で松井の両親と話したのは3
回しかないんです。

まず入学に際して「よろしくお願いします」。

ドラフトの時、「先生、相談に乗ってやってください」。

そして卒業の時、「3年間どうもありがとうございました」の3回です。

野球部の中には「監督さん、なぜうちの子を試合で使ってくれないの?」「なんでうちの子ばかり叱られるの?」と言ってこられる親御さんもいますが、松井の両親は100%息子を信じ、学校を信じてくださっていたから、一切口出しはなさいませんでした。

(松井選手とはいまでも親交があると伺っています)

義理堅いから、こっちに帰ってくると必ず挨拶に来るんです。で、来るたびに僕が読んで「いいな」と思った本を彼に渡しています。彼は高校時代、電車で一時間かかる町から
通っていたのですが、行き帰りで本を読むように勧めました。

最初は野球が上手くなってほしいから野球の本を読ませていましたが、次第に『宮本武蔵』や『徳川家康』などの歴史小説を薦め、最後は中国の歴史書とか哲学書を読ませました。

プラトンとかアリストテレスとか。本を読めば知識が広がるだけじゃなくて、集中力が高まるんです。それは打席に立って発揮する集中力に繋がるんですね。それに彼にはただのホームランバッターではなく、王・長嶋に次ぐ本物のスターになってほしかったから、「日本一のバッターを目指すなら心も日本一になれ」といつも言っていました。彼は最後の夏の甲子園で話題になったでしょう。

(5打席連続敬遠されても、平然と一塁に走っていった試合ですね)

実はあの前年、高校選抜で一緒に台湾に行ったんです。現地の審判だから当然台湾びいきで、顔の前を通ったような球もストライクにする。松井は頭に来て、三振するとバットを地面に叩きつけたんです。その時、

「おまえは日の丸をつけて来ているんだ。石川代表じゃない。球界最高のレベルを目指すなら、知徳体の揃った選手になれ」

と懇々と話をしました。

(先生のお話を翌年にはしっかりと理解されていたんですね)

ええ。彼がいた3年間は甲子園に連続出場できたし、最後の国体では優勝もしました。スケールの大きな夢を追いかけた楽しい3年間でした。

(本記事は『致知』2004年5月号 特集「人間の詩」より一部抜粋したものです。『致知』には人間力・仕事力を高める記事が満載!最新号はこちら

山下智茂(やました・ともしげ)
────────────────────────────────────────

昭和20年石川県生まれ。42年駒澤大学卒業後、星陵高校に赴任。稲置学園理事、金沢星稜大学特任教授、星稜高等学校野球部名誉監督。甲子園歴史館顧問。2005年9月1日まで野球部監督を務めた。

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に 1年購読 10,300円(1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 27,800円(1冊あたり772円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら