JR九州会長・唐池恒二さんの発想力


JR九州が手掛ける日本初の
クルーズトレイン「ななつ星in九州」
がいま大変な人気です。

生みの親である社長の唐池恒二さんに、
その発想の原点をお聞きしました。

───────「今日の注目の人」───

唐池 恒二(九州旅客鉄道会長)

※『致知』2017年9月号
※特集「閃き」P10

───────────────────

──唐池会長は「ななつ星」をはじめ、
  これまでいくつもの観光列車を
  ヒットさせてきたと
  お聞きしています。


私どもは観光列車のことを
「D&S(デザイン&ストーリー)列車」
と呼んでいまして、
沿線の風土や車窓からの風景を
思いっきり楽しんでいただくために、
その地域に基づく
デザインとストーリーを
兼ね備えた個性溢れる列車を
走らせているんです。


現在「ななつ星」以外に、
11本のD&S列車を運行していますが、
1988年に私が初めて手掛けた

SL「あそBOY」、
特急「ゆふいんの森」、
特急「はやとの風」、
特急「九州横断特急」、
特急「指宿のたまて箱」、
特急「A列車でいこう」など、

その多くは私が
企画やネーミングを考えたものです。





──列車の名前を聴くだけで
  ワクワクした気持ちになります。


それまで鉄道というのは
目的地に移動するための
単なる交通手段にすぎませんでした。

ところが、D&S列車を
走らせたことによって、
鉄道自体が目的になったんですね。

「ゆふいんの森」に乗って
由布院に行きたいとか、
「指宿のたまて箱」に乗って
指宿に行きたいと。

D&S列車には
そういう魅力があるんです。


──「ななつ星」の発想の原点は
  どこにあるのでしょうか。


もともとは30年ほど前、
私がまだ副長の頃だったと思いますけど、
社外のアイデアマンの方と
お酒を飲んでいた時に……




※「ななつ星」の誕生秘話について
 最新号の誌面で詳しくご紹介しています。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら