龍角散再建の際に用いた手法

こんにちは!
ブログ担当 野口です。

1995年、火の車であった老舗医薬品メーカー龍角散

当時の年商40億円に対して、負債も40億円

 

そこから危機感のない社員の意識改革

ブランド戦略新商品開発など徹底的に断行し、

負債をすべて返済年商を2倍以上に伸ばした
藤井隆太社長

 

藤井社長は20代の前半まで

プロの音楽家としての道を進んだ後に
ビジネスマンに転向しました。

音楽家としての経歴は、

見事に龍角散の再建にいかされたとおっしゃいます

 

 

本日は、その経営手法をご紹介いたします





―――――――――――――――――――


龍角散再建の際に用いた手法
                  
        藤井隆太(龍角散社長)
         

          ※『致知』2015年12月号


           連載「二十代をどう生きるか」より

 
―――――――――――――――――――



 




 

その頃(高校時代)の生活は、
朝7時半から1時間半ほど
満員電車のホーム整理員のアルバイトをし、
その後、学校にすっ飛んで
授業を受けたり練習をする。

さらには小中学生向けの音楽教室で演奏したり、
徹夜で音楽関係の仕事をして
翌朝アルバイトに向かうこともあった。


というのも、中学まではヴァイオリンを弾いていたが、
高校からフルートに転向したため
同級生に遅れをとっていたのだ。

 

とにかく指が回らない。

参ったなと思っていた時、
あることに気がついた。


確かに指は回らない。
けれども長年ヴァイオリンをやっていたから
絶対音感はある。
譜読みも断然早い。
それを生かした活動をすればいいんじゃないか。


要するに、
「自分の強みを知り、強みを徹底的に伸ばす」。
これは企業経営にも通じる考え方であり、
まさに龍角散再建の際に私が用いた手法でもある。



 

「自分の強みを知り、強みを徹底的に伸ばす」
 私たちの日々の仕事でも生かしていきたいですね

 

∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 
  最新号のテーマは
    「人間という奇跡を生きる」
 
  12月号の中には、
  素敵な写真がたくさん鏤められています

  ぜひご覧くださいませ


『致知』最新号の詳細は こちらから! 

*********************************

  >>  定期購読のお申し込みはこちら 

  >>  公式HPはこちら

*********************************

<p style="font-size: 14px; line-height: 21px; margin: 0px; padding: 0px; font-family: 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', Osaka, 'MS Pゴシッ