騙されても裏切られても、信じ続ける

感動する話

◇ あなたの人間力を高める ◇
───────────────
致知出版社の「人間力メルマガ」 2016.11.12


これまで140名以上の不良少年たちを
雇用し、更生へと導いてこられた
野口石油社長の野口義弘さん。

ガソリンスタンド経営の傍ら、
20年以上にわたって続けてこられた
人育ての歩みに心揺さぶられます。

────────[今日の注目の人]───

☆ 騙されても裏切られても、信じ続ける ☆

野口 義弘(野口石油社長)

※『致知』2016年12月号【最新号】
※特集「人を育てる」P48

───────────────────

うちに来て何事もなく
一回で更生できる子は、
これまで一人もいませんでした。

再び罪を犯して少年院や
鑑別所に送られていく。

もうね、涙を流すことは
いっぱいありました。

どれだけ信じても
騙され、裏切られる。

それでも信じ続けてきました。


今度も拘置所に行くんですけど、
新たに収監される子たちは一様に、

「野口社長に申し訳ないことをした」

と言ってくれますよ。

だから、彼らが出所してくる時には、
いつも同じ言葉で迎えるんです。

「あぁ、苦労したんやね。
 大変やったね。
 あったことは、もうよかよか」

って。


──過ぎたことはもういいと。


普通、再犯を繰り返すと、
もうあいつはダメだって
レッテルを貼るじゃないですか。

でもね、私の考えでは、
一回目より二回目、
二回目より三回目と出てきた時の
ほうがよくなっているんですよ。

だからこそ、どれだけ罪を犯そうとも、
私は決して彼らをクビにしません。

例えば、会社のお金を持ち逃げして、
二、三日して「ごめんなさい」と
帰ってきても、また雇います。

また、同じことをする。
それでも雇い続けます。


──罪を憎んで人を憎まず、
  ということでしょうか。


そのとおりです。

罪は憎みます。でも人間って……




※惜しみなく不良少年たちに
 愛を与え続ける野口社長の
 インタビューの続きは
 本誌でお楽しみください。