速音読の手応えはいかがですか?

 



齋藤孝先生の提唱する「速音読」
学校教育に取り入れ、
子供たちの学力向上や学級づくりに
大きな効果を上げてこられた
神奈川県の公立小学校教諭・山田将由先生。

速音読はどのような効果をもたらすのか?

ご本人に伺いました。

………………………………………………

(記者)なぜ、音読にそこまで
熱心に取り組んでおられるのですか。

音読は、学力の基礎基本で、
学級づくりの軸になると考えているからです。

私はもともと、『致知』でもお馴染みの
齋藤孝先生のファンで、先生の本を通じて
音読の素晴らしさを知りました。

教員採用試験を受ける時も、
先生の本に抜粋してあった
『走れメロス』『学問のすすめ』『草枕』を
音読してから勉強に取りかかっていたんですが、
短時間でかなり集中力が増すのを実感していました。

それから、東北大学の川島隆太先生が、
音読は脳を活性化させることを
科学的に実証されたこともあって、
音読の効果には確信を持っていたんです。

ですから、私は教職に就いて今日まで十一年、
「声づくりによる学級づくり」をテーマに
子供たちの指導に取り組んできたんです。

高め合うクラスになるためには、
聞き合う力、話し合う力がベースに必要です。

発表することや、自分の考えを述べることに
苦手意識や恥ずかしさを抱く子は多いのですが、
毎日音読することによって、
声を出す楽しさを実感できますし、
すらすら読めるようになり、
暗誦できるものが増えることで自信もついてきます。

声を出すことが常時化し、
さらに発表機会を設けることで発信力のある子が増え、
クラスに活気と一体感が生まれます。

私にとって音読は、学級づくりに欠かせないものです。

そのために私はこれまで、
音読用の教材を自分でつくるなど、
試行錯誤を繰り返しながら実践してきましたが、
今年(2017年)になって齋藤孝先生の
『楽しみながら1分で脳を鍛える速音読』が
発刊されたのを読んで、この速音読を実践すれば、
子供たちもさらに意欲を持って
音読に取り組んでくれるに違いないと感じまして、
早速日々の音読指導に取り入れているんです。

(記者)速音読の手応えはいかがですか?

速音読は、指定された範囲をできるだけ
速く読む音読法ですが、速く読もうとする中で、
素早く言葉のまとまりを
掴むことができるようになり、
また読む範囲の少し先を見る力もつきます。

速く読めるようになると、
普通の速さで読む時に余裕を持って
音読できるようになりますし、
脳科学的にも速音読は前頭前野を
活性化させる度合いが高いそうで、
短い時間で集中力や学習意欲を
引き出せるのを感じています。

それから、速音読では読んだ時間を記録します。
継続することで時間が短くなり、
成長を実感できるのがいいですね。

成長の記録が残るというのはとても大切なことで、
継続実践に役立つと思います。

それにこの『楽しみながら1分で脳を鍛える速音読』には、
素晴らしい名文がたくさん紹介されていますから、
例えば一週間ごとに読む場所を変えるなどして、
年間をとおして体系的に実践することも可能です。

とても画期的なテキストを
出していただいて感謝しています。

(月刊『致知』2017年9月号の記事より)

……………………………………………………
小学生のための齋藤メソッド

『国語の力がグングン伸びる1分間速音読ドリル』
(小学校全学年対応)

齋藤孝・著
定価=本体1,200円+税

http://online.chichi.co.jp/category/BOOK25/1169.html