童話に込められた願い


童話『くまの子ウーフ』

子供の頃に読まれた方も
多いのではないでしょうか

他にもたくさんの心温まる
童話を世に送り出してこられた
神沢利子さん91歳

そんな神沢さんに、
一つひとつの作品に込めて
こられた思いを伺いました


短い言葉の中に、
深い思いが伝わってきます。




****************************************

童話に込められた願い 

 
神沢 利子(童話作家)
※『致知』2016年2月号P100
  連載「生涯現役」


****************************************




 

──つひとつの作品にどんな思いを
  込められてきたのでしょうか。
私が昔書いた本の「あとがき」に、
 
「いまはただ、
 わたしのかくもの、
 かいたものが、
 こどもたちのいのちの火に風を送る、
 鍛冶屋のふいごの役を
 務めるものでありたいと
 ねがっている」
と書いたことがありますが、
その気持ちはいまも同じですね。
──「いのちの火に風を送る」
  というのはとても素敵な表現ですね。
人にはいろいろな人がいて、
大きな人もいれば、小さな人もいます。
才能のある人もいれば、
そうでない人もいる。
でもどんな人にもそれぞれが
自分の命をもって、
それぞれに生きているでしょう。


だから大きい命でも小さい命でも、
それぞれの命を大切にして、
いっぺんきりの人生を
精いっぱい
生きてほしいと
願っているんです。



………………………………


『致知』2月号のテーマは

「一生一事一貫」



「一筋の道を歩み続けて」

 今田洋輔 (「銀座久兵衛」2代目店主)
        &
 早乙女哲哉 (天ぷら「みかわ是山居」主人)
  ・  ・  ・  ・  ・
 「銀座久兵衛」「みかわ」

 当代一流の寿司天ぷらの名店。

 その暖簾を守り続けてきた
 今田洋輔さんと早乙女哲哉さんに、
 一つ事に懸ける思いを語り合って
 いただきました!


「絶えざる切磋琢磨がプロ教師を育てる」

 福山憲市 (下関市立勝山小学校教諭)
         &
 占部賢志 (中村学園大学教授)
 ・  ・  ・  ・  ・

 教師が学び合う「ふくの会」
 長年続けてきた福山憲市さんと、
 高校教師として約40年、
 九州にその人ありと謳われた
 占部賢志さん。

 そんなお二人に、
 教育者のあるべき姿勢
 お聞きしました。


 『致知』のお申し込みはこちらから
   
     ↓   ↓  

致知出版社編集部ブログ

  公式HPはこちら


今年も一年、よろしくお願いいたします