相田みつをさんの優先順位

生き方


相田みつをさんの長男
一人さんによると
相田さんの生活には
はっきりとした
優先順位があったそうです。

相田さんについての興味深い
お話を紹介しましょう。

───────「今日の注目の人」───

☆ 相田みつをの残した言葉 ☆

相田 一人(相田みつを美術館館長)
   
※『致知』2017年5月号【最新号】
※特集「その時どう動く」P10

───────────────────

私の父は優先順位が
非常にはっきりしておりまして、
第一は書を書くことなんですね。

私が子供の頃、
父と母と私と妹の四人で
八畳一間くらいの狭い部屋を
間借りしていました。


襖一枚隔てて大家さんが住んでいて
声も筒抜けでしたから、
母は気兼ねして暮らしていたんです。

ある時、隣の土地が空いたので、
お金を何とか工面してそこを借りて
三十畳のアトリエをつくったんですね。

しかし、そこは
家族には一切使わせない。


親戚や父の友人が


「一部を区切って家族にも使わせたら」


と言ったんですけれども、
父は頑として頷きませんでした。
 
展覧会を開いて
書を売る生活でしたから、
定収入は全然ないし、
貧乏のどん底で、
母に頼り切っていたものの、
書を書くことに何よりも
重きを置いていたんです。


母がよく言っていましたけど、
もしお父さんが
家族のことを第一に思って
アトリエで一緒に暮らそう
みたいなタイプだったら、
作品は雲散霧消して
後世に残らなかったんじゃないかと。


そういう母の理解があったから……
 



※最新号は、このほかにも
 相田さんの人柄が覗われる
 エピソードが満載です。