特撮音楽の巨匠・渡辺宙明氏が登場

───────────────

特撮音楽を呼ばれ、数々のアニメ作品も
手掛けてこられた作曲家・渡辺宙明さん。

そんな渡辺さんの人生最大の
転機となった出来事をご紹介します!

───────────────

◆ 運命の分かれ道 ◆

渡辺 宙明(作曲家)

※『致知』2016年5月号【最新号】
※連載「生涯現役」

───────────────────
4月19日

──映画音楽家としてそれだけ
  活躍されていた渡辺さんが、
  アニメ特撮を手掛けるように
  なったのはおいくつの頃ですか。


47歳です。だいぶ遅いでしょう。


もうその頃は映画の仕事を
100本くらいやっていました。


──どういうきっかけで
  アニメ特撮の仕事に?


それが当時は東映とも仕事をしていて、
新しい仕事のお願いに行ったら、
しばらくして

「決まったよ、今回はSFだ」


と言うんですよ。僕はてっきり
大人のSFかと思ったら、
「人造人間キカイダー」だと言うので、
何だこれは子供のものかと。


──すぐに受けられたのですか。


その時は「何だ子供のものですか」
って口に出して言っちゃったんですよ。


そうしたら、担当者が


「何を言ってるんですか、
 子供向けのほうがいいんですよ」


なんて言うものだから、
半信半疑ではありましたけど
一所懸命やったんです。


そうしたら、確かに
その担当者の言うとおりだった。


何が違ったかというと、
反響が全然違うんです。


それまで映画の仕事を
多くやってきましたけど、
ファンレターをもらったのは一回だけ。


ところがアニメ特撮を始めたら
ファンレターはわんさかくるわ、
先生のところに遊びに行きたいと
電話はかかってくるわで、
最初はびっくりしましたよ。


でも、そのおかげで僕も
仕事に張り合いがでました。


ですからそこからが自分にとって、
第二の音楽人生の始まりでしたね。


──もしその時に子供向けの
  仕事だからと断っていたら……。



※一つの転機を迎え、作曲家として
 新たな道を歩み始める渡辺さんが、
 語る人生で大切なこととは?
 この続きは本誌でどうぞ!

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら