最高の感動は命懸けの情熱から


* あなたの人間力をグンと高める *
───────────────
致知出版社の《人間力メルマガ》 2017.1.12


一介の英語教師から身を起こし、
50歳にしてプロの音楽家に転身した
異色の指揮者をご存じでしょうか。

青年期から苦しめられた
躁うつ病を克服し、
幾度の困難を音楽の力を
信じて乗り越えてきた
根本昌明さんです。

その命懸けの演奏は、
聴衆の心をだけでなく、
オーケストラや合唱団の
メンバーの魂にも火つける
だけの迫力があるそうです。

一音入魂に徹した指揮者の半生を、
本誌では5ページにわたって
取り上げています。

───────「今日の注目の人」───

☆ 最高の感動は命懸けの情熱から ☆

根本 昌明(指揮者)

※『致知』2017年2月号≪最新号≫
※特集「熱と誠」P46

───────────────────

この一、二年で、
プロの演奏家や声楽家が、
ぜひ私と一緒にやりたいと
集まってきているんですよ。

しかもプロの中でも、
精鋭と言われている方々ばかり。

彼らは本当に音楽が
好きで音楽家になっていて、
一番深いところにある
魂を震わせるような
演奏をしたいと願っている。

彼らが言うには、
その魂に情熱の火をつけ、
自分たちの力を最大限
引き出してくれるものを、
私が持っていると。


──あぁ、根本さんの情熱が
  プロの演奏家の心を動かしたと。


やはり本気になって
演奏したいという人たちが
集まってくれるのは嬉しいですね。

よく野球では一球入魂
という言葉を使いますが、
私は音楽家として一音入魂
のつもりでずっとやってきました。

ベートーヴェンが
最晩年に書いた楽譜には

「心から心へ」

と書かれていますが、
心というのは感情なんですよ。

だから私は一音一音に心を込める、
つまり喜びや感謝など様々な感情を
一つ一つの音に込めてきました。

体全体から滲み出てくる
音楽への深い愛情、情熱、
そして命を捨ててもよい
というくらいの音楽に
帰依する気持ちがあれば、
それは自ずと人に伝わるんですね。


──まさに根本さんは
  情熱の塊のような方ですね。



※そんな根本さんの波瀾に満ちた
 半生は本誌でどうぞ!