最新号もアツアツの記事が満載です

生き方


一剣を持して起つとは、
分かりやすく言えば、
自分の得意業をもって世に立つ、
ということだろう。

そのためにはまず、
何をもって自分の一剣とするかを
見定めることが第一である。

そして次は、その一剣を磨くことである。

   ──最新号「特集総リード」より

───────────────────

10月1日発行の『致知』11月号の
特集テーマは「一剣を持して起つ」です。

それぞれの分野で一剣を持して
活躍されてこられた方の体験に
ぜじっくりと耳を傾けてみてください。

───────────────────

対談「我ら一剣を持してこの道を歩む」

吉田 博一(エリーパワー社長)
   ×
北尾 吉孝(SBIホールディングス社長)


今後の環境・エネルギー問題に
大きなインパクトをもたらす
リチウムイオン電池の開発に、
80歳のいまも情熱を燃やす
エリーパワー社長の吉田博一さん。

200社強ものグループを率い、
金融界をリードする
SBIホールディングス社長の
北尾吉孝さん。

ともに一剣を持して挑戦を
続ける起業家の気概が溢れる
トップ対談となりました。

     ──────

「日本人パティシエ
 その世界一への道」

小山 進(パティシエ エス コヤマ オーナーシェフ)

世界から「味覚の錬金術師」と
賞される一流パティシエ
小山進さんの執念に、
プロのあるべき姿勢を見る思いです。

     ──────

「松下幸之助が貫いたもの」

松岡 紀雄(神奈川大学名誉教授)

松下幸之助翁に11年間親炙し、
多くの薫陶を受けた
神奈川大学名誉教授の
松岡紀雄さんには、
興味深い逸話をもとに、
一代で世界的企業を育て上げた
幸之助翁の思いを紐解いていただきました。


───────────────────
・これを見れば『致知』が分かる
⇒ https://www.chichi.co.jp/special/teiki1708/
───────────────────

「一流になる人
 二流で終わる人」

横田 尚哉(ファンクショナル・アプローチ研究所社長)
   ×
里岡 美津奈(人材育成コンサルタント)


業界屈指の経営コンサルタント
横田尚哉さんと
元ANAトップCA
里岡美津奈さん。

初対面でありながら
非常に意気投合されており、
たとえ歩んできたジャンルは
違っても一つの道を極めた方々は
同じ境地に達するのだと感じました。

一流になるための示唆に
富んだ対談ですが、
特にお二人の若い時の
心掛けは学びに溢れています。

     ──────

「マーケティングで会社の未来を開く」

神田 昌典(経営コンサルタント)

日本のトップマーケターにも
選出された経営コンサルタントの
神田昌典さんに、最新の事例を
踏まえて会社を伸ばす考え方を
お話しいただきました。

20年にわたるご活動の結論とのこと。

一読の価値ありです。

     ──────

「かくて日本一へと導いてきた」

近藤 欽司(元卓球女子日本代表監督)
   ×
国分 秀男
(古川商業高等学校女子バレーボール部元監督)


ともに二十代の頃から
日本一のチームづくりを夢見て、
情熱の炎を燃やしていた
近藤欽司さんと国分秀男さん。

後に近藤さんは卓球で
全国優勝8度に加え、
日本代表も率いる名将に、
国分さんはバレーボールで
全国制覇12回を数える
智将へと飛翔されます。

そんなお二人が語る
強いチームづくりの秘訣は、
人生のヒントそのものです。