成功者の法則、失敗者の法則

生き方


▲ あなたの人間力を高める ▲
───────────────
致知出版社の「人間力メルマガ」 2016.9.17


文学者の幸田露伴は
成功者と失敗者を観察するなかで、
ある法則を発見します。

その法則とは
どのようなものだったのでしょうか。

幸田露伴の書物を
座右の書にしてこられた渡部昇一さんが
解説されています。


────────[今日の注目の人]───

☆ 幸田露伴が教える
    運を引き寄せる要訣 ☆

渡部昇一(上智大学名誉教授)

※『致知』2016年10月号【最新号】
※特集「人生の要訣」P32

───────────────────

露伴は人生における
成功者と失敗者を観察し、
一つの法則を発見します。

露伴は言います。


「大きな成功を遂げた人は、
失敗を人のせいにするのではなく
自分のせいにするという傾向が強い」


物事がうまくいかなかったり
失敗してしまった時、
人のせいにすれば自分は楽です。
あいつがこうしなかったから
うまくいかなかったのだ  
あれがこうなっていなかったから
失敗したのだ  

物事をこのように捉えていれば、
自分が傷つくことはありません。

悪いのは他であって
自分ではないのだから、
気楽なものです。

だが、こういう態度では、……



※この後、渡部さんは
 幸田露伴の教えの深いところまで
 話を進めて行かれます。
 『致知』最新号をご覧ください。



───────────────────
   『致知』推薦の言葉
───────────────────

 『致知』は素晴らしい内容が
 豊富に掲載され勉強になる。
 知ることのために熟読する。

 いまは亡き安岡正篤先生の教えも
 伝えられる。
 知ることの「行い」、
 そして「行い」はまた「知」である。
 即ち実体化となる論は、
 正に「知行合一」で、
 今日の情報多様化の時代に
 必要なものである。
 

 ── 千玄室氏(茶道裏千家前家元)