心のシャッターを下ろしたらあかん!

リーダー論

◇ あなたの人間力を高める ◇
───────────────
致知出版社の「人間力メルマガ」 2016.11.3

リオ五輪でデュエット、個人
ともに銅メダルをシンクロ日本代表に
もたらした井村雅代さん。

最新号では、人育ての極意を
8ページにわたってたっぷりと
お話しいただきました。

────────[今日の注目の人]───

☆ 伸びる選手はどこが違うか ☆

井村 雅代
(シンクロナイズドスイミング日本代表ヘッドコーチ)

※『致知』2016年12月号【最新号】
※特集「人を育てる」P14

───────────────────

──これまでたくさんの選手を
指導してこられた中で、
伸びる選手はどこが違うと
思われますか。

人の言葉を信じてくれること。

やっぱり心にシャッターを
下ろす子はダメです。

人の話を聞く時は、
耳で聞き、頭で聞き、
心で聞かないとダメなんですね。

耳で聞いてても
心のシャッターを
下ろしてる子はあかん。

選手にはハッキリ言うんです。

「あなたはいま
心のシャッターを下ろしてるから、
もう言うのをやめる」

って。いくら言っても入りませんから。

それはその年になるまでの
教育環境にも大きく左右されますね。

人間は信じるに値するという
考えのもとに育てられたかどうかです。

もう一つ大事なのが「心の才能」です。

imura201612

──心の才能とは?

自分で限界を決めないこと。

できないことにぶつかった時に
心の才能のある子は、
もうムリだと考えるんじゃなくて、

「あぁ私の努力が足りなかったんだ。
だったらもっと努力しよう」

と素直に思って、一ミリでも
自分を高めようとする。

別の言い方をすれば、
しつこいんです。

この頃、とみに思うのは……

※指導者はどうあるべきか。
その神髄を語り尽くした
井村さんのロングインタビューの
続きは本誌で堪能してください!