幸せな日々を送る心得

生き方


シスターであり、文学者でもある鈴木秀子さん

鈴木さんのもとには多くの人から
人生や仕事に関する悩みが寄せられるといいます。

本日は、その相談の一つをご紹介したいと思います

ともて小さな物語ですが、
そこには大きな感動が秘められています


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


私のもとには多くの人たちから
人生や仕事などの悩みが寄せられてきます。

相手の心が傷つかないよう、
深い気づきが得られるよう慎重に言葉を選びます。

その時によく引用するのが
『聖書』の言葉や古典などの一節です。


しかし、
言葉が本当に腑に落ちるかどうかは、
やはりその人にとっての
「時」「タイミング」
が深く関わってくるように思います。



最近、ワシントンでアメリカ人などを対象に
講演する機会がありましたが、
とても印象に残るアメリカ人女性の体験発表がありました。

その女性のご主人は地位のある学者で、
経済的にも恵まれ、二人の子供は有名大学に進学するなど、
一家は何不自由ない幸せな生活を送っていました。

私もこの家族を以前から知っていました。
ところが、ご主人はある時病に倒れて亡くなり、
さらにその一週間後、
娘さんがバイクに乗って外出したまま、
行方不明になってしまったのです。

バイクはすぐに見つかったのですが、
娘さんは約六か月後、
近くの公園で遺体となって発見されました。


それから三年間、
女性は身が擦り切れるほどの苦しみを味わい続け、
思うところがあって今回、
私の講演会に参加しました。

この講演会は私が話すだけでなく、
参加者が体験を語り、
皆で分かち合うという趣旨のものでした。


女性は自身の辛い体験を話した後、
このように続けたのです。


「いま振り返ると、
 私がいかに傲慢であったかが、よく分かります。
 夫が健在な時、こういう場に足を運んでも
 シスター鈴木の言葉は全く受け付けなかったでしょう。
 しかし、いまシスターや参加者お一人おひとりの
 体験を聴きながら、心から共感している自分がいます。
 平凡に思える毎日にいかに感謝すべきかも
 よく分かります。

 そうなれたのは辛い時期があったからこそ。
 あの時期は人に共感を持てる自分に成長させてくれる
 本当にありがたい出来事だったのです」

 ……


鈴木先生の人気連載「人生を照らす言葉」では、
  心に響く物語と出逢うことができます

  続きはぜひ、最新号p.108~をお読みください



∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴



  最新号のテーマは
    
「人間という奇跡を生きる」
 
  12月号の中には、
  素敵な物語をたくさんご紹介しておりま

  ぜひご覧くださいませ


『致知』最新号の詳細は こちらから! 


*********************************

  >>  定期購読のお申し込みはこちら 

  >>  公式HPはこちら


*********************************