大ヒット「ネジザウルス」誕生秘話

仕事論


工具業界で大ヒットし注目を集める
工具「ネジザウルス」。

ユーモラスな名称ですが、
実用性においても効果は抜群!

どんなネジも「ネジザウルス」で解決!
本日はその開発秘話に迫ります。


────────[今日の注目の人]───

★ 「ネジザウルス」大ヒットの秘密 ★

高崎 充弘(エンジニア社長)

※『致知』2016年6月号【最新号】
※特集「関を越える」P48

───────────────────

5月18日


正常なネジであればドライバーで
簡単に外すことができますが、
ドライバーで繰り返し
グリグリやっているうちに、
ネジの頭が潰れて困った
経験ってないですか?


──ああ、あります。


他にもネジが錆びて固まって
しまったりするとドライバーでは
どうにもできません。

ネジザウルスはそういう厄介な
ネジも外すことができるんです。


その秘密は先端部分に施された
特殊な加工にありましてね。

通常のペンチって先端部分に
横向きの溝が入っているんです。

これは何かを掴んで引っ張る時に
摩擦を利かせるためですが、
掴んで回そうとすると回転方向と
溝の方向が同じなので、滑ってしまう。

そこで、まず縦に溝を入れたんです。

これを2000年に「小ネジプライヤー」
という商品名で発売しましたが、
全く売れませんでした。

販売数は一年間でたったの800丁足らず。

縦の溝を入れるだけでは、
機能として不十分だったんですね。


──なぜでしょうか。


小ネジプライヤーは通常のペンチと同様、
閉じた時に先端部分が
平行になるよう設計されているので、
ネジの頭を掴もうとするとハの字型になって、
やはり滑ってしまうんです。

そこで、開いた時にちょうど
ネジの頭を真横から平行に掴めるよう、
逆ハの字型に改良しました。

この傾斜角がビートたけしさんの
コマネチというギャグに似ていたので、
「コマネチ角度」と命名したんです(笑)。

実際、これによって錆びて固まったネジも
外すことができるようになりました。

また、商品名も親しみやすいものに
変えようと思い、社内公募をしたんです。

その中に、ネジの頭を掴む先端部分を
恐竜のティラノサウルスに
見立てた案があって、「ああ、これだ」と。

即断で「ネジザウルス」に決めました。

パッケージも目立つように工夫を施し、
価格も下げて、2002年の8月に
ホームセンターで販売を開始したところ、
そこから4か月だけで7万丁も売れたんです。



※2008年に訪れた人生最大の逆境を
 高崎さんはどう乗り越えたのか。

 ヒット商品を生み出す独自理論
 「MPDP理論」とは?
 続きは本誌でどうぞ!